So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ガシャプラ 装甲騎兵ボトムズ スコープドッグ その2 [ボトムズ]

ガシャプラのボトムズが5種類中の1つしか組んでいませんでしたので、残る4つも素組みをしました。

DSC00932.JPG

5種類、と言っても内1つは武器セットのため、AT(アーマードトルーパー)自体は4種類です。

武器はヘビィマシンガン、ソリッドシューター、パラシュートザック、ラウンドムーバーザックです。

ATとしては、写真のように、左からブルーティッシュドッグ、メルキアカラースコープドッグ、ウド編バトリングカラー(オリヤ大尉機)スコープドッグ、ノーマルスコープドッグとなります。


メルキアカラーには劇中のように、パラシュートザックとヘビィマシンガンを装備しました。

DSC00947.JPG

やはりスコープドッグにはヘビィマシンガンですね。

DSC00937.JPG

加えてパラシュートザック。

この組み合わせだったら、10体でも20体でも並べたいところです。

DSC00939.JPG

ヘビィマシンガンの作りもしっかりしており、銃口の開口などを行えば、よりらしくなると思います。

DSC00948.JPG

反対側面から。

細かなディティールの省略もありますが、よくまとまっています。


DSC00946.JPG

ノーマルカラーですが、ラウンドムーバー+ソリッドシューターで、サンサ編のスコープドッグⅡになっています。

これはこのままでも完成のスコープドッグⅡと言える状態です。

DSC00940.JPG

ラウンドムーバーの各バーニアが開口されていないので、これを置き換えるか、開口すると良くなりそうです。

数が多い上に、小さいので大変そうですが。


DSC00941.JPG

ソリッドシューターを持たせたときに気づくのですが、肘に微妙な角度が付けられているため、自然な持ち方ができます。

単なる直立ではなく、細かなところに調整が入っている良キットです。


DSC00945.JPG

最後にブルーティッシュドッグです。

このキットのみ、左腕が異なり、バックパックも独自で、足首もスコープドッグと異なりますが、全て再現されています。


DSC00942.JPG

スコープドッグとことなる、上述の3点が見える写真です。

単色ピンクなので分かりにくいですが、ブルーティッシュドッグの特徴がしっかりと再現されています。


DSC00944.JPG

ガトリングと爪も再現。

これらも開口やシャープ化すると良さげです。


DSC00949.JPG

最後にキットはコックピットまで再現されていますが、ブルーティッシュドッグはパイロットがしっかりとフィアナになっている点も要チェックです。

小さく分かりにくいと思いますが、しっかりファンタム・レディとなっていますね。


このキットは発売1カ月で完売だったそうで、7月の再販が決定しています。

まだまだこれから入手することも可能なようですので、サクッと組み立ててみるもの良いかもしれません。

作り込みだすと止まらなさそうで、どこまで手を入れるか入れないかのサジ加減が・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

あまりやり過ぎないのが、こういった商品の正しい遊び方なのかもしれませんね。





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

LM エヴァンゲリオン 量産機 [エヴァンゲリオン]

何の脈絡も無く、今回の記事はバンダイのリミテッドモデル(LM)でエヴァンゲリオン量産機です。

このキットは当時(1996年前後)購入してすぐに手を付け、サーフェイサー吹きまで終わっていたものが、我が家のロストマウンテンから発掘されたため、このブログで公開し完成を目指そうと思います。

DSC00918.JPG

すでに接着や合わせ目処理、パーティングラインやスジ彫りの彫り直し等など・・・もろもろの処理は終わっているようです。

おぼろげに当時の作業は覚えていますが、塗装前の仮組みまで行って中断しています。

おそらく、塗装する環境が無かったんだと思います。


DSC00923.JPG

パーツを並べてみます。

見ての通り、ロンギヌスの槍まで含めて、すでに表面処理済みでした。

一部、ポリパテでライン変更していたようですが、サフ吹きされているので細かな改修ポイントは不明です[あせあせ(飛び散る汗)]

ただ、このエヴァ量産機はLMシリーズの中でも特にできが良かったように思います。

もっとも、LMシリーズ自体が固定ポーズである反面、造形は良くできていたシリーズで、このブログ公開していますが、少し前にFF7のエアリスは完成させています。


DSC00928.JPG

こちらは量産機の特徴である羽パーツ。

キットでは薄い(0.3mm~0.5mmくらい?)のプラ版に切り出し用の線は印刷されていますが、自分でカッターなどでラインに沿って切り出す必要があります。

LMシリーズは全体的に昨今のスナップフィットとは対極的な存在で、どちらかと言えばガレージキットに近い構成をプラスチックで成型しているシリーズでしたので、こういった構成は通常運転の範囲ですね。

比較用に顔パーツを置いていますが、翼の片側だけで約17cm(写真のマス目は1cm)です。

完成すると横幅が30cm近くになるという巨大なキットだったことに、今更ながら気づきました[あせあせ(飛び散る汗)]


表面処理など、ほぼ終わっていますので洗浄をしました。

後は乾燥した後に塗装だけですので完成は早いと思います。





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB ラクス・クライン その2 [フィギュアライズバスト]

フィギュアライズバストのラクス・クラインを作っていきます。

前回は素組みだけでした。

そのまま放置、という可能性もあったわけですが、一応このブログで後悔した仕掛品は最終的には完成させたいと思っていますので、簡単なものから進めていっています。

そういったことから、このラクスも素直に作るだけなら、完成は難しくありませんので優先的に作っていこうと思います。


全パーツのパーティングライン、切断面などの基本的な表面処理を行いました。

一通り行う中で、後頭部の髪の毛パーツは接着し、隙間を瞬着パテで埋めました。

髪の毛パーツはとても大きく、接合面は髪の毛の線のような処理にはなっていますが、それでも大きく隙間が目立ってしまう箇所もありましたので、埋めています。

今回はガイアノーツの瞬間カラーパテ(肌色)を使っています。

見やすくて良いのと、色が塗装の邪魔にならないので使いやすいですね。

DSC00907.JPG

このような感じで、瞬間カラーパテをシールの台紙にある程度出して、爪楊枝で隙間に充填していきました。

垂れるとまた隙間が空いてしまうので、適当に盛りつけたらWAVEの瞬着硬化スプレーで強制硬化です。

作業時間短縮と隙間埋めを確実に行えます。


DSC00910.JPG

写真の3パーツはいずれも上半身の服です。

ラクスはこの3パーツだけは接着必須で、合わせ目を消す必要があります。

袖口は更に内側から削り込んで、服の布の薄さを表現。

上半身の服の合わせ目が黄色ラインの箇所は、スジ彫りをし直すことで、後で塗装時にくっきりするようにあらかじめ加工しています。


DSC00914.JPG

他、紫パーツは縁を薄く削り込む、髪の毛パーツはできるだけシャープになるように一部削り込みや彫り直し、といった簡単なディティールアップを施した状態です。

髪の毛パーツも瞬間カラーパテ硬化後に、神ヤスリの#120~#600でヤスリ掛けしてすでに処理済み状態です。

以前のマクロスΔの美雲さんよりは楽でした。


全パーツを洗浄し、100均(ダイソー)で購入したシューズケースに入れて乾燥させます。

埃も入らないし、重ねられるので複数キットを並行作業するときにはとても便利です。

キットも見えますし、何より100円という安さと入手のしやすさで大量にストックしています。


DSC00916.JPG

指先パーツは、このシリーズ共通工作として爪の彫り込みをしています。

約1/6サイズですので、指先がキチンと作り込まれていると情報量が上がります。

デザインナイフで慎重に彫り込みますが、10本も作業するのでいつものことながら疲れます[あせあせ(飛び散る汗)]


以上でラクスの基本工作が早くも完了してしまいました。

乾燥したら、いきなり塗装に入れる状態です。

今回はとても早く完成してしまいそうです!





nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【完成】ツクダホビー うる星やつら 1/12 水乃小路飛鳥 その7 [うる星やつら]

少し更新が空いてしまいましたが、ツクダホビーのうる星やつらシリーズから、「水乃小路 飛鳥」(みずのこうじ あすか)が完成しました!

DSC00895.JPG

正面アップだと、境界線の塗り分けというか素材の表面処理がけば立つことによる荒れが目立ちますが、これ以上の処理方法が現時点では思いつかなかったのでここまでとしました。

それでも、例えばレオタードの黒とシャツの黄色、といった境界線をヒートペンで一度なぞっておくことで、キットのままより線がすっきりしたと思います。


DSC00886.JPG

全身像。

左足が少し前に出て、やや上向きのポーズのため少し偏った印象です。

脚の取り付けでもう少し調整はできそうですが、パッケージ完成見本もこのような感じでした。

DSC00887.JPG

プロポーションや全体の雰囲気は飛鳥のキャラをよく再現しています。

30年以上前のツクダホビーキットですが、キチンと作れば見栄えも良いです。

どれほどの人がキチンと作っているのかは微妙だと思いますが・・・・


DSC00888.JPG

腕の取り付けは袖口にダイレクトに接合。

一応、真鍮線を通していますが、本来であれば、袖口を削り込んで中から出ているようにしたいところです。

ですが、このキットの謎素材では彫り込みを拒否する、というかけば立ってしまって処理ができないので、そのままとしています。


DSC00889.JPG

髪の毛パーツはヤスリ掛けをして表面を均すだけで、良い形状です。

取り付けは全体的に、ハイグレード模型用セメダインでくっつけてみました。

おそらく通常のタミヤなどのプラモデル用接着剤では付かないと思いますし、瞬着も白化が怖いのでハイグレード模型用セメダインを使用しました。

特に問題なく接着出来ているようです。


DSC00890.JPG

この角度だと、右腕の取り付けが浮いてしまっていることがバレてしまいます[あせあせ(飛び散る汗)]

ここも工夫したいところですが、加工しにくい素材のため放置です[たらーっ(汗)]


DSC00892.JPG

ちなみにベースは木製の適当なものをもってきて、右足かかとに2mm真鍮線を通しています。

左足にも通した方がもっと安定するのでしょうが。


DSC00894.JPG

少し上向きポーズなので、やや俯瞰から目線を追ってみました。

目は面相筆で描きましたが案外苦労しました。

出来てみると、まぁまぁでしょうか[あせあせ(飛び散る汗)]

全身完成後にいつものプレミアつや消しトップコートを吹き、瞳だけエナメルクリアーを筆塗りで塗っています。


当初は完成する未来が思い描けませんでしたが、なんとか完成まで持っていくことができました。

このツクダホビーのシリーズは他にもレダの朝霧陽子、メガゾーン23の時祭イブなど、渋いラインナップが控えていますので、いずれコンプリートを目指したいと思います。(といっても何年後か・・・)


以上、うる星やつらの飛鳥でした!





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB ラクス・クライン その1 [フィギュアライズバスト]

色々仕掛中ですが、バンダイのフィギュアライズバストシリーズの「ラクス・クライン」も作っていきます。

ラクス・クラインは言うまでなく、ガンダムSEEDのヒロインです。

フィギュアライズバストシリーズの第一弾がSEEDのキラ、次いアスランとなっていましたので、順当な発売ではあるものの、発売までの期間は結構長かったと思います。

てっきりすぐに出るものだと思っていましたが。(という方は多かったのではないでしょうか?)


しかし、このラクスは売れていないのでしょうか・・・?

近所のお店では72%オフで500円[exclamation]というような叩き売りになっていました。

もう一個買って、ミーア・キャンベル改造用に??という、やるかどうか分からない改造のためにキットをいきなり買うのも日ごろの反省が無さ過ぎるので、とりあえずラクスを組んでみました。


DSC00850.JPG

30分くらいでサクッと素組み。

良いですね[るんるん]

さすがバンダイのフィギュアライズバスト(FRB)シリーズです。

安定した完成度です。

台座だけは、マクロスΔシリーズのFRB作製時に先行して塗装しておきましたので、ここだけは完成品。

他はシールも使っていない素組みです。

といっても、シールは服の黄色ラインのみのため、完成品もほぼこの配色です。


DSC00862.JPG

両手を広げたポージングで、思ったよりも場所を占有します。

デカイです。


DSC00860.JPG

真横から。

見ての通り、髪の毛のボリュームが凄いです。

キットのパーツも半分近くが髪の毛のようなものです。

とにかくでかいです。


DSC00857.JPG

真後ろからだと髪の毛で何も見えません。

髪の毛の分割は相変わらず、複雑な立体パズルのようで、この構成を考えた人の空間把握能力は異常ではないでしょうか(褒め言葉)。

DSC00853.JPG

髪飾りもキチンと別パーツで金色成型色です。



DSC00865.JPG

顔アップでも、非常に特徴を捉えた造形で、このまま組んでしまおうと思います。

惜しむらくは、身体、服の白いパーツはそれぞれモナカ割になっていますので、接着面はキレイに整形してあげる必要があります。

また髪の毛も気にしなければ気にならないレベルでの分割ラインではありますが、どこまでやるかは気分次第といったところです。

美雲さんのようにある程度接着面を埋めた方がキレイなんだとは思いますが、面が広いので大変そうです[あせあせ(飛び散る汗)]


他キットの作製の合間をみて、進めていこうと思います。





nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ