So-net無料ブログ作成

バンダイ うる星やつら  キラメキラムちゃん その1 [うる星やつら]

ブログ解説当初の記事の一つに、バンダイのうる星やつらを作っていこうと思う、と書いていました。

当時は4種類あるバンダイのうる星やつらシリーズのNo.1である、キラメキラムちゃんを開封し、一部パーツを切り出すところまでしかしていませんでした。

その後も出したりしまったり、を繰り返し、進捗はほとんどありませんでした。

先日、ツクダホビーの水乃小路飛鳥が完成したことで、昔のうる星キットを進めてみようかな、と考え始めました。


エヴァ量産機の塗装を行う準備をしている中で、マスキングゾルの乾燥待ちにキラメキラムちゃんを引っ張り出してみました。

DSC01050.JPG

ずっと放置していたのではなく、後頭部の髪の毛は前後貼り合わせのモナカパーツだったので、ここは接着と適当に合わせ目を消しています。(後でキレイにする予定です)

それ以外のパーツは組み立ててみたかったのですが、お持ちの方は分かるのですが、このシリーズはパーツを組み合わせるためのダボが無いので仮組みも簡単ではなく、放置になっていました。

今回、各パーツを仮組みするために、ガレージキットの要領で軸打ちを行っています。

ようやく立体としてみることができました[るんるん]


DSC01051.JPG

後ろから。

ポーズはパッケージを再現するようなイメージではありますが、正直微妙。

全体的に今の目で見るにはツライですが、当時をリスペクトすべく今回は少しのディティールアップと塗装でキレイに仕上げる、という方針です。

よってパーツの大幅な改造はしません。


DSC01054.JPG

ちなみに軸打ちはこんな感じです。

仮組みなので、まだ1mmの真鍮線だけで、穴の位置もおおよそです。

でも、だいたいあっているので、微調整で仕上げられそうです。

左足はパッケージと作例(箱裏の写真)では角度がかなり異なるので、そういったところはパッケージ優先に仕上げたいと思います。


DSC01055.JPG

台座です。

星型のパーツがうる星やつらっぽくもあり、80年代っぽくもあります。

こういったところはあえてそのままにして、キットの構成を尊重します。


DSC01056.JPG

ちなみに後ろはこんな感じです。

まだ全部は接着していません。

バンダイ製ではありますが、流石に今ほどの金型精度は無いようです。

各パーツの縁はガタガタしていますので、整形に結構な時間が掛かりそうですが、地道に処理していきます。


DSC01058.JPG

最後にベースと本体の位置関係。

このキットはポーズの都合上、単体では飾ることができません。

そのため、付属のベースか自作するかしなければ、展示ができませんので、ベースも抜かりなく仕上げる必要があるというキットです。

バンザイマークのバンダイロゴが時代を感じさせますね[あせあせ(飛び散る汗)]




nice!(30)  コメント(0) 

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ