So-net無料ブログ作成
検索選択

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その1 [プラモデル]

ドラゴンボールのキットを作るために、フィギュアは接着剤で接着しています。

接着剤が完全乾燥するまでの間(急がないので4~5日は空けます)、時間ももったいないので別のキットに手を出そうと、色々検討した結果、次に手付にするキットはLIMITED MODEL(LM)のエアリスゲインズブールを組み立ててみました。

このキットも古いです。

1997年ごろに発売されていたもので、LMシリーズの20番目でした。


IMG_2385.JPG

キットにスケール表記はありませんが、大きさは1/12くらいでしょうか。

以前に作った、サクラと同じくらいの大きさです。

材質は、サクラの時よりもプラスチックよりの素材ですが、アサフレックスなのでしょうか。

切削性が非常に高く、後ろ髪のディティールやこぶしのディティールなど、凹凸が大きい箇所はデザインナイフで丁寧に彫り込めば、サクサクと形になります。


IMG_2388.JPG

説明書には、いきなり改造方法と改造例が記載されており、ポーズも素立ちであることから、改造前提の作りのようです。

普通に組み立ててもそれなりに出来は良いと思いますが、素立ちというのも単調なので、どんなポーズにしようかな、と考案中です。

とりあえず、ポーズ変更にあまり影響は無い頭部は接着。

接着剤は、タミヤの普通のタミヤセメントがどろどろと溶かす感じで良くくっつきます。


スカート部分も最終的には上半身と接着しなければならないことから、早々に接着してしまいました。

段差が目立つ場所は、ランナーなどの削りかすを接着剤でくっつけていけば、溶けてパテのようになりますので、これで埋めていっていくことにします。


キットはクラウドも含めて2セットずつ持っているので、まずは簡単に作ってみても良いのかもしれません。

改造しだすと、完成しない予感しかしませんし。