So-net無料ブログ作成
検索選択
ガレージキット ブログトップ

ガレージキットの洗浄 その2 [ガレージキット]

3月にも同じことをしていますが、作ろうかなぁ、と思っているガレージキットをまとめて洗浄しました。

今回洗浄したキットは、

1.ワンダーモモ タイプB 変身後(ムサシヤ)

2.ミスマル・ユリカ(コトブキヤ)

3.真宮寺さくら(海洋堂)

4.飛鳥’91(ムサシヤ)

5.サクラ’91(ムサシヤ)

6.バニーガールしのぶ×2個(ムサシヤ)

と6種類の7キット分。

IMG_2403.JPG

いつもの100均で買ってきた靴収納用タッパーに入れて乾燥させています。


洗浄手順は同じですが、ムサシヤのうる星やつらシリーズは全て1/6と大きいうえに、頭部~つま先までが1パーツのものが多く、脱脂液のWAVEのM・ウォッシュを入れた鉄製缶に納まりきりませんので、普通にジフレモンクリームクレンザーと中性洗剤の混合液で歯ブラシによる洗浄をしています。

7つものキットを洗うと、風呂場で2時間くらいゴシゴシ・・・・


油分が取れたキットを触ると、晴れ晴れします。

持っているガレージキットは、できるだけ早く洗浄だけでもしておきたいところですが、時間が掛かって仕方ありません。

Mウォッシュもそろそろ揮発してきたので、買い足さねば。


他にも仕掛のエアリス、李紅蘭、アイリスも地道にペーパー掛けをしていましたが、アサフレックスはヤスリがけに時間が掛かるので、少しヤスっては別の事をして、またヤスる。の繰り返しなので、なかなか進みません。


ガレージキットは今回洗浄したバニーガールしのぶがなぜか2個持っているので、手を付けていこうかと思います。



サーフェイサー吹き [ガレージキット]

4月は忙しくてなかなか手が進みません。

さらに悪いことにブログ更新用に使っていた古いPCが壊れてしまい、更新作業も少し面倒になってしまいました。

という環境の問題はありますが、それでも少しずつ作業をしています。

今週はまとめて3つのキットのサーフェイサー吹きを行うまでの下地処理を地道におこなっていました。

IMG_1860.JPG

一つ目がこのレダの朝霧陽子。

古いキットで抜きがあまり良くないので、表面も荒れており、均すだけで1パーツにつき1日はかかっています。

写真はある程度均したあとに、気泡を1mmや2mmのピンバイスで広げて瞬着パテ埋めしています。

これを含めて、仕掛のブレンパワード、ワンダーモモも下地作りにやすりがけの毎日でした。 

ようやくある程度の下地ができたので、天気も良いことですし本日はサフ吹きをしました。 

 IMG_1863.JPG

サフ吹き前の支持棒やクリップ止め。

IMG_1867.JPG

ワンダーモモは、スカートと東部がパーツの貼り合わせと瞬着パテで隙間埋めをしていますので、グレーのサーフェイサー500番で傷埋めをします。

それ以外のパーツはサフレスができるほど、表面状態が良いキットでは無いのでホワイトサーフェイサー1000番で傷を探すために全面に吹きました。

IMG_1868.JPG

ただし、ヘルメットは最終的に赤色にすることもありますので、タミヤのピンクのサーフェイサーを使っています。

ちなみに、タミヤのサーフェイサーはGSIクレオスのものでいえば1000番相当の目だそうですので、傷埋めにはGSIクレオスの500番が便利ですが、時々売り切れが目立つのはやはり需要が多いのでしょうか。 

同時にブレンパワードも前回サフ吹きしたものをヤスリがけして、傷の処理を行い、今回もう一度サフ吹きをしています。

IMG_1871.JPG 

で、ワンダーモモだけは仮組。

色がついたわけではないですが、少しだけ完成のイメージがでてきました。

表面を確認し、発見された傷を埋めたりヤスったりが今後数回繰り返しです。

 










人気ブログランキング


ガレージキットの洗浄 [ガレージキット]

在庫の中から作製しようと思うキットをいくつか選んでみます。

プラモデルガレージキット、どちらにしようか迷いますが今日は4個のガレージキットに手をつけることにしようと思います。

いずれにしても、複数のキットを平行作業します。

ガレージキットは工程がどのキットでもほぼ同じになることと、まとめて作業した方が効率が良い工程が多いからです。 

この写真だけ見ても、何のキットか分かる人は少ないと思いますが、4個のキットを全て分かる人はいるでしょうか?

IMG_1743.JPG

2個はまぁまぁ流通量が多いキットで、もう2個はおそらく珍しいキットだと思います。

いずれにしても20年前後昔のキットばかりですが、今時これらを作製しようとしている人がどれだけいるのでしょうか。

写真はキットをまとめて離型剤落としをするための洗浄をしたところです。

洗浄なんか1つずつやるよりは、このように3~4個まとめた方が効率が良いと思います。

落とし方は色々いわれますが、昔購入してまだ新品で保有していたWAVEのM・ウォッシュを2本(1リットル分)金属製の缶に投入し、そこにパーツを浸して10分程度。

なお、缶には鉄製の蓋を用意しておきます。 

過去、このM・ウォッシュを適当なプラスチック容器に入れて作業していると、容器がふにゃふにゃになるという惨事を招いたため、あくまで密閉できる金属缶にこだわります。

ただ、このM・ウォッシュは今ではもう作っていないのかもしれませんので、今後はガイアノーツのレジンウォッシュを使う事にしようと思いますが、ガイアノーツの成分が調べた限りでよく分からず、このM・ウォッシュと混ぜて良いのか危険なのかが判断できません。混ぜない方が無難とは思っていますが。

また、他の離型剤落としとして語られるポリデントも検討してはみましたが、単価が高くつきそうなことと、リピート利用ができない事からレジンウォッシュのほうがコスパの面で優位かと思います。

もちろん、浸した後はお湯+食器洗い用中性洗剤による歯ブラシでのみがきは必須です。

この工程が結構面倒なんですが、塗装で泣けてきますのでしっかり洗浄していきます。

 

 








人気ブログランキング

ボークス 1/8 モリガン [ガレージキット]

今日は新規作製ではありませんが、かなり昔に作ってショーケースに飾っていたボークスのモリガンが家族の掃除によって倒され、部破損してしまったため、修復作業を行いました。

そのため、写真は昔に作ったモリガンですので、作りが荒いです[たらーっ(汗)]

 IMG_1732.JPG

このキットは20年以上前にヴァンパイアハンターがゲームセンターに出た頃の商品だったと思います。

当時、ガレージキットというものを作った事は無かったのですが、マイキャラのキットが出るとあっては買わないわけにはいきません。ボークスに行き購入したことを覚えています。

そのため、初めてのガレージキットがこのモリガンでした。

IMG_1741.JPG

 全身です。

当時のモリガンのイメージをほぼそのままキットに落とし込んでいると思います。

その後、モリガンのキットは多数発売されましたが、おそらくこのキットが最初期のものだったはずです。

他にはヘビーゲイジからも1/7で発売されていましたが、過度に原型作者のアレンジが入っており、独自路線となっていましたが、造形村製のこのキットはあくまでゲーム中イメージを優先した造形になっています。

未だにゲーム中イメージの再現度という点では、このキットを上回るモリガンは見たことがありません。

IMG_1719.JPG

後ろから。

見ての通り、髪のボリュームがあるにも関わらず、片足のつま先だけで自重を支えるという長期保管に向かないポーズのせいもあって、今回の破損箇所はこのつま先と台座の接合部分です。

冒頭の通り、掃除で倒されたために見事に折れていました。。。。

IMG_1705.JPG

 

つま先に出っ張りがあるのですが、過去にも一度折れており、真鍮線で補強していた部分が、今回もやはり倒れたはずみで折れています。

折れた凸部分が台座の中にはいってしまっており、取り出すのに苦労しました。

改めて1.5mmの真鍮線で穴を開けなおして補強することで一命を取り留めましたが、あせりました。

2mm真鍮線を使うべき部分ですが、2mmを通すだけのスペースがなく、やむなく1.5mmとなっております。

IMG_1721.JPG

側面から見ると、とても脆そうなつま先立ちです。いつ折れてもおかしくないくらい。

IMG_1711.JPG

もしキットが入手できれば、もう一度今度は2Pカラーで作ってみたいキットですが、ボークスのヴァンパイアシリーズはオークションなどでもあまり見かけません。

色は中間色なので、とても迷いました。

やや淡くなりすぎかもしれませんが、イメージとしてはこんな色だったと思っています。

 

IMG_1709.JPG

 

このシリーズはフェリシア以外は、当時全て購入して持っていますので、いずれオルバスやデミトリも作って並べてみたいと思います。

 

今回は、過去のキットの修復だけでしたが、次は何を作ろうか迷い中です。

 

 







人気ブログランキング
ガレージキット ブログトップ