So-net無料ブログ作成
検索選択
マクロス ブログトップ

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その2 [マクロス]

バルキリーは接着すべき箇所をあらかた接着して、乾燥待ちの放置中。

その間、飛行機作製の定番工作というコクピット作製を行いました。

とりあえずは説明書の通りの色で塗り分け指定もそのままで行ってみました。

IMG_2461.JPG

1/72なのでこんなもんでしょうか。

できればパイロットが欲しいところです。

オプションパーツセットが発売されていたと思いますが、どこか探せば出てくる気もしますので探してみようと思います。


逆からもう一枚。

IMG_2460.JPG

機首パーツ内側もエアブラシで塗装済みで、まだ貼り合わせはしていません。

少し合いが悪いようなので、調整しなければならないようです。

コンソールパーツは黒で塗っており、その上にキット付属のデカールを貼っています。

上部に白の突起上のものが2つあるのですが、乾燥前に触ってしまい、切れてしまいました[たらーっ(汗)]

また、デカール自体もキット発売以来15年以上経っていると思いますので、キチンと使えるか心配です。

このちぎれた白い部分は、リカバリーとして後でエナメル白で塗っておこうと思います。


その他、コクピット内部だけですが一応完成です。

スミ入れもした方がいいかもしれませんので、接着前にそこまでは行います。


飛行機キットは塗装して組み立て、塗装して組み立て、の工程が多いので計画的に組み上げないと塗装できない状況になりそうですので、改めて説明書を良く読むことの重要性と計画性が必要なことを再認識です。



1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その1 [マクロス]

買っていながら、なかなか手が出せなかったハセガワのVF-1Jバルキリーに着手しました。


今まで飛行機モデルをまともに作ったことが無いのですが、最近読んだオオゴシトモエさんの著書で、スケールモデルも楽しそうに思えたということと、プラモ狂四郎でもスケールモデルも組もう、というような話もあったことを思い出しましたことから、いきなりスケールモデルといっても組みたいキットも無かったので、手短に在庫を漁ったところ、バルキリーが発掘されました。


IMG_2446.JPG

説明書を良く読みます。

飛行機キットでは定番のコクピットから作っていきますが、全体的にグレーFS36231をエアブラシ塗装しました。

それ以外は筆塗りも含めてちまちま進めますが、全体的にモナカ構造になる箇所が多くありましたので、これらを接着していきました。

バトロイドになった際の、頭部、手、武器が該当します。

他、足部分にあたるパーツも接着ですが、挟み込むパーツがあり、このパーツの塗装を先にしなければならないようですので、後回しです。


梅雨っぽくなってきましたので、塗装待ちキットが溜まっていきます・・・




マクロス ブログトップ