So-net無料ブログ作成

HGBD ガンダムダブルオーダイバー 1/144 その2(ダイバーエースユニット) [HGBD]

放送中のガンダムビルドダイバーズは、仮想空間GBN内の話ばかりで、ガンダムが出ているだけの良く分からないお話、になっているような気がします。

第6話でようやく少し現実世界のエピソードが描かれたことで、5話までよりも良くはなっていましたが、それでもまだ話の筋道が見えない感はそのままです・・・

昔のGガンダムも13話で東方不敗が出てくるまではぐだぐだだったものの、それ以降の話の盛り上がりを考えるとまだ化ける可能性がありますので、ガンダムファンとしては見続けますが。

アニメに関するブログでは無いので、あまりこれ以上は振れませんがが、プラモデルが順調に点数を伸ばしているガンダムビルドダイバーズシリーズですが、この5/10にガンダムダブルオーダイバーの強化ユニットとして「ダイバーエースユニット」が発売されました。



キットは定価で700円というビルドカスタムシリーズです。

ダブルオーダイバーを作っていますので、とりあえず購入し、珍しく即作ってみました。

DSC00866.JPG

キットは強化ユニットのみの為、並べるとこんなパーツ群となります。

背中、肩ユニット、膝アーマーへの装着または交換でダブルオーダイバーをパワーアップ(と書くとなんだか恥ずかしい[あせあせ(飛び散る汗)])というユニットです。



(開き直って)パワーアップ後の「ガンダムダブルオーダイバーエース」状態にしてみました[exclamation]

DSC00869.JPG

ん?!普通にカッコイイのでは。

ゴチゃっとした感はあるものの、背中と肩という上半身にパーツを多数乗せることで、単純に強くなった感じを演出していますね。


DSC00870.JPG

武装は手にも持てますが、シンプルな素立ちにするため、全て装着した状態にしています。

膝アーマーが青く大きくなったことで、なんだかV2アサルトのようなカッコよさです。


DSC00871.JPG

背中のバックパックの白い部分が羽のように可動し、開きます。

写真では大きな羽を斜めに開き、中の小さな白い羽を開いた状態にしています。

真横まで広がると、エールストライクガンダムのような感じです。


DSC00873.JPG

バックパックで青成分が多い感じがします。

また、GNダイバーソードを腰に付けたり、スーパーGNソードⅡが肩先端に取り付けていることから、ツンツンした感じで、イメージはダブルオーのセブンソードのようでもあります。

DSC00875.JPG

肩に付くGNダイバーソードの基部にはクリアパーツの丸いパーツが埋め込まれています。

DSC00877.JPG

ダブルオーダイバーもダブルオー強化型といった趣から、パーツ密度が高かったのですが、今回の「ガンダムダブルオーダイバーエース」になると、さらに密度があがって模型として見ても面白いキットです。

せっかくダブルオーダイバーを作っていたところでしたので、いっそのことダブルオーダイバーエースとして仕上げてみようと思います。

もっとも、パーツが3割増しほどになったので、製作時間も単純に3割増加になるのですが[あせあせ(飛び散る汗)]


最後に、ダブルオーエース状態にした場合、ダブルオーダイバーのパーツが4つ余剰になります。

DSC00879.JPG

太陽炉が余剰で外されるっていうことは、すでにダブルオーでは無いような・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

ここはひとつ構成見直しと青み成分が多くなりすぎた色バランスの再検討をしつつ作っていければ良いな、と構想しています。





nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HGBD ガンダムダブルオーダイバー 1/144 その1 [HGBD]

今回は珍しく、最新キットである「ガンダムダブルオーダイバー」です。

まず、素組みしてみました。

こちらは、2018年4月から放映されている、TVアニメの「ガンダムビルドダイバーズ」の主役機のキットとなります。

ベース機体は、ガンダムOO(ダブルオー)の後期主役機ダブルオーガンダムです。

このダブルオーガンダムのプラモデルを物語の主人公、ミカミ・リクがカスタマイズした、という設定の機体ですので、当然ながらキットもダブルオーガンダムのバリエーションとなっています。


DSC00694.JPG

素組みですが、なかなか男前です。

頭部アンテナのフラッグ(安全基準のためのとがったパーツの保護をする余剰部分)など、そのままですが、一旦は完全な素組みをしてみました。

ただ、塗装までを行う前提で見た場合、脚部で使用する緑のクリアパーツ2箇所はハメ殺しになりそうだったので付けませんでした。


DSC00687.JPG

全身です。

プロポーションは申し分ありません。

ダブルオーガンダム自体が10年前のキットなので、以前のビルドファイターズのビルドストライクガンダムのように、ベース自体を完全新規にしてくるのかな?とも思っていましたが、今回は10年前のダブルオーそのままのパーツが6割くらいを占めています。

ビルドストライクのベースであったストライクガンダムは流石に設計自体が古すぎたのか、本体自体も新規設計でしたが、今回のダブルオーは比較的新しいキット仕様であったことから、そのまま流用されていても違和感ありません。

現在でも十分通用するキットです。


DSC00689.JPG

両方の平手が付属しています。

その他、持ち手なども含めて、このキットには複数の手首パーツが付属しています。

DSC00684.JPG

表情が豊かになるので、手首パーツがこれだけ付属することはありがたいです。


DSC00691.JPG

両肩の太陽炉は、新規設計パーツです。

ダブルオーの太陽炉パーツも付属しますが、一回り小さくなった新規パーツを両肩のスラスターとして取りつけるようになっています。

ぱっと見た目では分からないパーツ変更もかなりあります。

ダブルオーのパーツ流用という構成上、余剰パーツがかなり多めに付属しており、何かに使えないかな、と画策中。

DSC00682.JPG

余剰パーツを並べてみると、こんなに沢山あります。

頭部アンテナや透明パーツなんかは、汎用性が高そうです。


DSC00693.JPG

GNソードⅡとして武器が付属します。

普段は腰に収納(というか接続)できるため、すっきりした印象です。


全体として、ダブルオーに新規パーツを付属させているだけですが、新規パーツの設計は最新フォーマットのため、頭部や脚部においては合わせ目の処理は不要です。

ニッパーで切り離したゲート跡処理だけきっちりこなすだけで良さそうです。


アニメとしての「ガンダムビルドダイバーズ」は正直微妙な感じですが、今後の展開に機体しつつということで応援しています。

こういったアニメ効果もあって、ガルバルディβのようなキットの発売の後押しにもなっているのかもしれませんので、ガンダムシリーズが続くのはファンとしては嬉しいことです。

まずはキットを購入し、作っていくことが大切だと思いますので、このキットも塗装まで行って完成させていこうと思いますが、相変わらずバンダイさんの発売ペースが早いので・・・[あせあせ(飛び散る汗)]






nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ