So-net無料ブログ作成
検索選択

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その8 [FF7]

昨夜遅くに塗装して、ブログ更新をなんとかしましたが、本日はその続きでマスキングを剥がしてみました。

身体パーツでは、首周りの肌色をマスキングしてドレスのピンク→上着部分を残してマスキングして上着の赤、という順番でマスキングしつつ塗装したため、ようやく全貌が見えました。


IMG_2634.JPG

これで一通りのパーツのエアブラシ塗装ができました!

昨日ブログに書いたように、下半身パーツは一応下着を塗り分けてみました。

もちろん、組み立ててしまえば下から覗いてもまず見えないのですげ・・・・

ですけど、模型ってこういう見えないこだわりも重要ですよね。

なんだか塗っておかないと、見えないけれど納得できない感じがしますし。


せっかくなので、簡単に組み立ててみました。

IMG_2637.JPG

ライトがあたり過ぎで色が飛んでいますが、こんな感じです!

まだ顔パーツでは、髪の毛と肌の境界線が修正要だったりしますので、各所の修正を筆でチマチマと行えば基本塗装が終わります。

後は、瞳を書き込んで(デカールもありますが、20年以上前のものですし、せっかくなので描いた方が作った感があると思っています)、全身のスミイレや仕上げをすれば完成できそうです。

9月はエアリス完成までは辿りつけそうです!


・・・と、ここで髪の先を束ねるピンクのリボン(?)部分が完全に塗装を忘れていることに気づきました[たらーっ(汗)]

面倒ですが、髪の毛をマスキングしてピンクだけ塗装です・・・

組み立て、塗装を時間を空けてしまうと、キャラクターの特徴というかポイントを忘れてしまって、こういった細部の塗り分け漏れがよく起こります・・・反省。


続きはあと少しですが、週末は用事があるのでちょっと先になりそうなのが残念。

とりあえずは、平日夜に時間を作って進めたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その7 [FF7]

暑かった8月も終わってしまえば早かったような気がします。

8月は暑さで手が進まず、イカばかりやっていたので手が進まず、でした。

この反省を9月に活かすべく、平日でも普通にエアブラシ塗装をやりました。

8月末にエアリスの基本塗装を7割ほど終わっていましたので、残りの上着の赤部分、腕や袖口のシルバー、ゴールド部分の塗装です。

ついでに、下半身の下着モールドが有ったので、一応塗り分けました。

見えなくなるところまでモールディングされている点は、うる星やつらキットから続いている伝統、

ということで完成後には完全に見えませんが一応です。

写真では撮りませんでしたが・・・


IMG_2623.JPG

写真は上着の赤部分も塗り終わって、マスキングしたところにシルバーを塗った状態です。

背景が汚いですが、塗装ブースなのでどこでもこんなものでしょう。ご容赦ください。

シルバーを塗ったところで、せっかくエアブラシにシルバーを入れたのに、たったこれだけしか塗らないのではもったいないですよね・・との発想から手短に塗装できるシルバー塗装待ちを探したところ・・・・


サクラ大戦のアイリス付属のミニ光武を発見!

アイリス機は黄色~金色のような色合いですので、下地シルバーのゴールド塗装で行くことにします。

IMG_2620.JPG

サクッと塗ってみました。

おまけ光武ですが、塗ると案外良い感じかも。


IMG_2631.JPG

続けて、クリアーイエローによるゴールド塗装をしました。

とてもべたですが、光武にはこれくらいの色あいで良いのではないかと思います。

パーツも少ないので、あまり細かな点にはこだわらずおおらかな気持ちで塗っています!


本題のエアリスも塗ります。

IMG_2625.JPG

エアリスの場合、ゴールド塗装は手首のブレスレット?だけですので、光武もセットで塗って正解です。

エアブラシの一番大変なところは、塗装後の洗浄だと思っていますので、一度色を充填したらできるだけ一度に多くを塗りたいと思っています。


とここまでで平日夜に1時間作業する、というスケジュールでは時間切れです。

マスキングを剥がすのはまた明日。


今日はここまでです。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その6 [FF7]

エアリスの進捗が前回更新から2か月ほど止まっていました。

塗装待ち状態にも関わらず、手が進んでいなかったのは今年の夏の暑さのためです!

いくら室内で塗装ブース完備といっても、換気扇を回さないわけにはいかず、換気扇を回すと冷たい室内の空気がシンナーと一緒に排出されて想像以上に暑いのです。

そのため、塗装する気になれませんでした。

・・・エアリスだけでなく、サクラ大戦のアイリスと李紅蘭も塗装待ちで止まっていますね[あせあせ(飛び散る汗)]


でも本日は晴天なのになぜかカラッと湿度は低め、適度な風もあって気温の割に過ごしやすい日でしたので、この機会を逃さずに、エアリスの塗装を行うことにしました!

2か月もの間が空いたので、工作状況をあらためて観察。


期間が空くと、できているつもりでも結構粗が見つかるものです。

今回も塗装から再開!と意気込んだものの、改めて確認したところ、身体パーツの上下接合部分の合わせ目を消すために、こってりとしたサフ吹きを行った影響から、服のボタンディティールがほとんど消えかかっていました。

当初は見なかったことにしようと思っていましたが、改めて目にすると気になって仕方がありません。


そこでボタンのディティール再生方法を少しの間考えてみましたが、リベットで作り直すことにしました。

伸ばしランナー、という手段も考えましたが、火気を使うのも気がひけるのでヤメ。

単純に保有部材から、WAVEのRリベットが見つかったので、これを使うことにします。

まず、ボタンとついでに袖口のリベットディティールを全てデザインナイフで丁寧に削りとりました。

次に、Rリベットの一番小さいリベットを丁寧に一つ一つ切り離し瞬着、の繰り返しで全てのディティールを作り直しました。

IMG_2612.JPG

こんな感じです。

ついでにボタン穴のディティールもサフ吹きでほぼ消えかかっていましたのでノミで彫り直しました。

その他、軽く全面をサンディングし、洗浄→乾燥待ちです。

天気が良いので、すぐ乾燥しましたので、すぐに塗装に取り掛かることができました。


エアリスは比較的パーツ数も少なく、塗り分け箇所も少ないので1日で塗装ができるかな?と頑張ってみましたが、結果としては6割くらいまでの塗装で本日は終了です。

実施したパーツは、以下の通りです。


IMG_2616.JPG

顔はマスキングしていますので、なんだかよく分からない感じですが、覚書を含めて塗装レシピをメモします。

・肌色部分=オレンジで下塗り、キャラクターフレッシュ1とこれまでに作ってきた各種肌色

・髪の毛=艦艇色50%+マホガニー50%で全体を塗って、この色にオレンジを混ぜたもの、モンザレッドを混ぜたもの、でそれぞれ完成見本を参考にハイライト塗装

・武器=黒鉄色

・服(ピンク部分)=ピンク+色の素マゼンダ少々でベース色とし、ベース色+マルーンで影部分、その後ベース色で全面塗装し、白を混ぜたものでハイライト塗装

といったところです。


最初のRリベットでボタンを作り直した効果はこんな感じですので、効果有り、だと思いました。

IMG_2618.JPG

上着の赤を混色したところまでで、ピンクの乾燥待ち。

本日の工作はここまでです。

明日から仕事が再開ですので、次回土日まで塗装はおあずけかもしれません[たらーっ(汗)]

もう一息です!




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガンダムベース東京 その2 [イベント]

ダイバーシティでは1/1ユニコーンガンダムも建造中でした。

ちなみに、私が見に行ったのは8/24のお昼頃でしたが、この通りです。

DSC09462.JPG

建造中、な感じです。

以前のガンダムの時もそうでしたが、建造中も様になりますよね。

DSC09448 - コピー.JPG

後ろから。

このショットですと、足首がまだ無い以外はほぼできているように見えます。


DSC09461.JPG

正面の全身です。

見ての通り、フェイスパーツはまだ入っていませんし、ツノは割れそうな感じですがユニコーンモードにも関わらず、全身のサイコフレームは見えています。

ニュースサイトなどでもありますが、サイコフレームは光り、変身するそうです。

確かに変身箇所にアクチュエーターのような部品が多数見受けられました。


DSC09462.JPG

最後に、右ひざの膝当てカバーをクレーンで取り付けしているところを撮影してきました。

全身がほぼ見えたことで、スケール感も伝わってきます。

きっとガンダムベースのみならず、この1/1ユニコーンのキットが多数発売されるのでしょうね。

9/24公開が待ち遠しいですが、遠方なのでまたの機会に完全体を見学しにいこうと思います。


ダイバーシティでは、8/21から「TOKYO ガンダムプロジェクト2017」ということでイベントを色々やっていました。

その中の一つでスタンプラリーをダイバーシティ内で実施していました。

普段、こういったものはスルーするのであまり何をもらえるのかも気にせずに歩いていましたが、良く見ると特製ピンバッジが貰える、とあります。

ちょうど7Fの交換所の設営をしているところでしたので、ちらっと見ると結構しっかりしたピンバッジだったこともあり、年甲斐もなく、家族でスタンプラリーをするためにダイバーシティ内の4か所を巡ってきました(というほど距離は無いですけど)。

IMG_2608.JPG

その成果がこれです。

記念に持って帰りました。


このスタンプを7Fのガンダムベース東京のあるフロアの交換所に持っていくと・・・・

IMG_2609.JPG

このピンバッジとポストカード1枚をいただけました!

8/21から開始しているこのイベントは数量限定とのことで、無くなり次第終了だそうです。

ちなみに期間中はおひとり様1度だけ、という縛りがありますので、1日に複数回リピートできないように左手にハンコを押されて、入手済みか否かを判定されます。


8/24の時点ではまだありましたし、平日だったので親子連れなどがパラパラと参加している程度でしたが、立ち寄った際は入手すべしですね。

IMG_2611.JPG

バッジのアップです。

ユニコーンガンダムと2017のロゴが入って、良い記念になりました。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガンダムベース東京 その1 [イベント]

またもやブログの更新が空いてしまいました。

以前の更新からの間で家族旅行などをしていましたので、模型作製をする時間もなく、更新する内容もほとんどありませんでした。

地味にナデシコのエステバリスをヤスリがけしていたりはしましたが。


旅行の途中、時間が取れましたので今年の8/19オープンのガンダムベース東京にも行ってきました!

以前のガンダムフロントの時にも何度か限定品を買いに行くことがありましたが、今回も限定品目当てで初めて訪れました。

事前に色々な方のブログなどで情報収集はしていましたが、過去のガンダムシリーズプラモが再生産されて、大量展示・販売されていることが売りとのことです。

確かに、初代の1/60ガンダムが山のように積んであったりする状態は、通常店舗では有り得ないと思います。

限定品は沢山ありますが、残念ながら新規造形のキットはほとんどありません。

クリアー版、グロスインジェクション版、といった整形色変更版がほとんどです。

結局塗装してしまうので、あまりそういった整形色変更キットは買わないようにしていることと、もし全ての限定品を購入するとトンデモ無い金額になってしまいます。


といった視点で


のキットから厳選して購入したのは、4種類。

IMG_2600.JPG

HGUCガンダムのメタリックグロスインジェクション版、すーぱーふみなのガンダムベースカラー版、プチッガイゴールドトップ&プラカード、プチッガイシルバースパークル&プラカード、です。

会場には、プレバンやイベント限定品の販売もあったのですが、それらはおなじみの2色刷りパッケージに対し、ガンダムベース限定となっているキットはフルカラーパッケージでした。


なお、今回購入した4種類しか比較できていませんが、新規パーツがあるすーぱーふみなだけは扱いが良いようです。

新規パーツ、といえばガンダムと(買いませんでしたが)バルバトスも専用ベースパーツが新規パーツですね。


まず、ガンダムの中身ですが次の通りです。

IMG_2602.JPG

写真は反射で見ずらいですが、大きな青いパーツが専用ベースで新規パーツです。

しかし説明書は既存のものがそのままで、モノクロの追加説明書が1枚あるのみ。

写真の都合でカットしましたが、プチッガイも同様です。

(メッキがキレイで映り込みがとても凄く、色々と映り過ぎてしまったので・・・・)


次にすーぱーふみなですが、まずは新規パーツ。

IMG_2606.JPG

中央の野球帽のような帽子が完全新規パーツです。

ガンダムやバルバトスとの最大の差は、この新規パーツによってシルエットが異なる別製品になることですね。

そのためか、ふみな人気のためかは分かりませんが、説明書はフルカラーです!

IMG_2607.JPG

写真では説明書の裏と表だけですが、この通り。

中身も通常のHGUC基準のカラーによる組み立て説明がありました。

他とは扱いが明らかに違いますね。


記事を分けて、ユニコーンガンダムの建造経過も投稿したいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー