So-net無料ブログ作成

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その9 [マクロス]

マクロスのVF-1JとマクロスΔフィギュアライズバストワルキューレを同時並行で作業していますが、その気は無かったですがマクロスに偏っていますね。

本日はVF-1Jのスミ入れ、塗り忘れ箇所のリタッチを行いました。

IMG_3236.JPG

機体のグレーのインテークのような箇所のすぐ下部分がキットでは別パーツです。

この別パーツの付く向きが初めてのキットのため、裏側だと思っていたところが上部に出ることに気づかず、機体色(311番グレーFS36622)を塗り漏らしていました。

面倒ですが、グレーに塗ったインテークをマスキングし、その箇所だけをエアブラシで311番を吹きました。

でも、これでようやく色がほぼ全て乗った状態となりました。

細部パーツの接着、デカール、スミ入れ、で進めます。


まず目立つ箇所をスミ入れしてみます。

タミヤのスミ入れグレーをよく攪拌してそのままばばーっとスミを流してみました。


ガンプラ系と同じ感覚ですが、ハセガワのキットは繊細なスジ彫りが全体に行きわたり、スミ入れが映えます。

特に羽はスミ入れしたとたんに引きしまる。

一度、スミ入れをしてから100均で化粧用として売っている綿棒で拭ってみましたが、スジの中のグレーのスミまで持って行かれ、スミ入れのやり直しに。

2度目のスミ入れは綿棒はやめて、フィニッシュマスターで吹きとってみました。



IMG_3239.JPG

フィニッシュマスターで吹きっとった結果の一部です。

100均綿棒とは大違いです!

今までフィギュアのまつ毛や瞳の描き込み補助として、小さく切り刻んだフィニッシュマスターを使っていただけでした。

ガンプラのスミ入れふき取りであれば、綿棒でも十分でしたが、ハセガワキットのスジ彫りの繊細さは綿棒だと余分にスミを拭ってしまいましたが、フィニッシュマスターだと的確に表面のスミだけを吹きとれます。

理屈は分かっていましたが、ここまで歴然たる差を体感すると、もう今後はフィニッシュマスターしか使わない、とさえ思ってしまいました。

スミ入れすると、なんだか完成に近づいた気がします。

もうひと頑張りです。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB レイナ・プラウラー その1 [フィギュアライズバスト]

マクロスΔのフィギュアライズバストシリーズから、レイナ・プラウラーに着手しました。

ワルキューレ5人のFRBの中で、唯一口が閉じているキャラです。

IMG_3221.JPG

このシリーズは4/5人の口が開いているため、そのままだと少し足りない感があるため、口内の作製が必要と感じていますが、このレイナだけはそのままでOKで助かります。

IMG_3212.JPG

マキナとセットで飾ってあげたいところですので、早めの着手となりました。

髪の毛のパーツは巧みな構成で、2次元の嘘を上手に立体化しています。

IMG_3215.JPG

伸ばした腕。

この服のデザインがシンプルに見えてキットの成型色とパーツ分割を考えると、マスキングが結構面倒そうです。

どこから塗るのかをよく考えないと難易度が上がってしまう構成です。

IMG_3217.JPG

後ろから。

前からだとまったく見えないパーカーのようなフードが見えます。

こんなデザインだったんですね・・・TVでは全く気づかなかったですが。

IMG_3218.JPG

パーカーのヒダも丁寧にパーツ分割されており、塗装が楽な部分です。

こういった3次曲面もかなりの精度でキット化される昨今、いつも思ってしまうのはダンバインを今の技術でリメイクして欲しいものです。(HGABはありましたが、中途半端でした)

IMG_3220.JPG

レイナは他のキャラと異なる点として、小道具が多いのが特徴です。

ヘッドホン、手袋、フードなどパッケージを見る限りでは渋い色の割には多くの色を使っているので塗装工数がおそらくワルキューレ5人の中で一番多くなりそうです。


さて、素組みを一通り眺めたところで、マキナの反省(塗装境界線になるパーツを接着してしまった点)を踏まえて、腕パーツをよく観察。

接着は必要ですが、腕の緑の服部分は縞模様の色分け境界線にも一部なっていることが分かりますので、そこは筋彫りになるように接着前に接着面表面を加工し、色分けを考慮。

IMG_3231.JPG

そういった検討を行った結果、接着パーツはこの3箇所で良いようです。

他にも接着しても良い箇所もありますが、服に隠れる、など無理に接着することも無さそうです。

この3つのうち、顔パーツ(というか顎部分)を接着すると、目のパーツが後ハメしにくくなりそうです。

そのため、事前に顎パーツ上部を切り取って、目のパーツを差し込む動線を確保。

IMG_3232.JPG

このでっぱり2箇所をニッパーできるだけです。

接着の乾燥待ちまで、各種パーツの表面処理を地道に行っていきます。

残る2人も並行作業ができるように、順次着手しようと思います。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その8 [マクロス]


遅遅として進んでいませんが、少しずつバルキリーVF-1Jを作っています。

前回までで全体塗装はほぼ終えたので、細部の塗装とリタッチ、スミ入れ、デカール貼り、といった工程が残だと思います。

今回はキャノピーと細部の塗装を行いました。

IMG_3085.JPG

まず一旦縁だけを残してマスクしMr.カラーのつや消しブラックを吹きました。

十分乾燥の後。今度はカーブしている箇所を残して全部をマスキング

IMG_3088.JPG

この後残す部分以外は普通のマスキングテープで囲いました。

この白いマスキングテープはタミヤの曲線用マスキングテープを使ってカーブを作ります。


丁寧に曲げていけば、テープが伸縮してくれるので、このくらいのカーブであればきれいに貼れました。

その後、つや消しブラックをエアブラシで吹いて、はみ出た箇所は透明パーツの上なので、つまようじの先端で優しくこすれば剥げてくれます。

IMG_3225.JPG

黒が重なった箇所がアップだと気になるものの、1/72を実物で見る限りでは大丈夫だと思います。

次に、本体部分にあるグレーのインテークのような箇所の塗り分けを忘れていましたので、やはりマスキングテープで台形状に残す箇所を囲み、丁寧にマスクしてやります。

IMG_3226.JPG

エアブラシを吹いて塗り分け完了。

内部パーツは先にグレーで塗っていましたが、こうやるのであれば、最初にそれほど丁寧に塗る必要なかったと気付きました。

初めてのキットなので、こういった工作順番のコツが分かっていないこともあり、このバルキリー作製は時間が掛かっています。

完成後にはバリエーションが控えているので、もう少しサクサク作れるのではないか、と思っています。


他は細部パーツをランナーについたままで筆塗り、またはエアブラシ。

IMG_3084.JPG

透明パーツで青と赤をクリアーで、という箇所がありますが、それぞれ色の素で塗りました。

結局色の素はクリアーと同じ性能なんだと思いますので、こちらの方が色が澄んでいるのではないかと思っています。

IMG_3228.JPG

ランナーのまま塗装パーツです。

ランディングギアのフタになるパーツなど。


飛行機モデルが初めてなので、スミ入れのタイミングを迷います。

先にクリアーを吹いて表面をつるつるにした方が良いのか、このままでも良いのか・・・

あと、全体は311番のグレーFS36622べた塗りになってしまったので、パネル部分のグラデーションをどう処理するのかが検討課題です。

本当は下塗りをすべきだったのでしょうけど。

これはこれで失敗ですが、経験です。

塗り直しも大変なので、このまま進めようと思います。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB マキナ・中島 その1 [フィギュアライズバスト]

マクロスΔから、ワルキューレの続きになります。

今度はマキナ・中島にも着手しますので、まずは素組みから工作途中まで。

IMG_3157.JPG

アップです。

素組み、シール貼り無しの成型色のみでこの状態です。

細かな色分けは当然されていませんが、普通にカワイイ造形ですが、何かもう一つ足りないような気もします。


IMG_3152.JPG

塗り分けを考えると、かなりマスキングが要求されそうな色指定です。

後ハメなど、塗装の便を処理の中で考慮しつつ組み立てたいと思います。

IMG_3154.JPG

横から。

IMG_3155.JPG

背中です。

おそらく、隠れたアピールポイントが背中のリボン周辺の素肌が露出する表現ではないでしょうか。

HJの作例にもありましたが、背中の素肌部分は削り込みなどで少し肉感を強調させる予定です。

IMG_3156.JPG

横からですが、このアングルだと顎の下部分にある接合部分が目立ちます。

要接着です。


IMG_3192.JPG

ということで、早速工作に入ります。

顔を見ますと、口の中(舌)が別パーツに。

ただし、指定通りだと、舌パーツは写真のように顔の中に組み込まれるパーツに一体化されており、このパーツは普通に組み立てると、顎舌のパーツで挟みこむような構造です。

つまり、舌パーツを付けてからでないと顎パーツが付けられない構造のため、口内を塗装するにはマスキングか後ハメとなります。

少し考えましたが、比較的簡単に後ハメできるようでしたので、舌パーツ少し上のピン差し込み口を残す形になるように、ノコギリで切断。

IMG_3195.JPG

写真で左のピンクパーツが舌パーツで、ニッパーで余分なところを切り離してこのような形すると、顎を接着してからでも後ハメできます。

もう一点、この写真の手首はマイクを持つのですが、マイクに凸ピンがあり、指パーツで挟みこむため後ハメしなければ接着面の処理が困難な構造でした。

そのため、写真のように手首の中にある凸ピンはニッパーや彫刻等で削り取って、空洞にします。

マイクは普通にこの穴に差し込めますので問題なし。

IMG_3197.JPG

写真はマキナのキットで接着が必要(と判断した)パーツの全部です。

すでに接着済みですが一点失敗したことに気づきました。

肩パーツになる水色に部分ですが、水色とピンクの縦じまが接合面にもくるようになっていました。

接着をしてしまったために、この接合面の塗り分けラインを筋彫りなどで復元が必要になってしまいました・・・

後先考えずに接着したのが失敗[たらーっ(汗)]

バンダイキットは塗り分けも考慮したパーツ分割が多いのでよく考えて接着しなければいけませんね。

反省。


これらの接着箇所を乾燥させている間に、次のワルキューレメンバーも進めていきます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB 美雲・ギンヌメール その1 [フィギュアライズバスト]

フミナの完成でフィギュアライズバストシリーズに味をしめ、この勢いで素組み放置だったマクロスΔのワルキューレ5人も作っていこうと思います。

5人もいるので、上手に並行作業を進めることで時間削減を図ります。

まずは手始めに、大きな髪の毛しか目に入らない美雲・ギンヌメールです。

IMG_3160.JPG

フィギュアライズバストシリーズの女性キャラシリーズ初期の作りのため、目の周り、特にまつ毛の処理が少し残念。

フミナの場合は瞳パーツにまつ毛があったため、肌部分の色をババッと塗ってしまえましたが、こちらは肌部分にまつ毛がモールディングされているために塗装を前提に見ると厄介です。


IMG_3161.JPG

横から。

上半身全体が指先まであるのは良いですね。

ただ、脇から背中に掛けての服は肌部分と同一パーツでシールによる色分けとなっている点がおしい。

もう一息のパーツ分割が望ましいのですが、シール対応です。


IMG_3162.JPG

後ろからは髪の毛しか見えません。

髪の毛の複雑な曲面もとてもプラとは思えない再現度。

これは凄いです。

IMG_3163.JPG

こちらの側面からはもはや髪の毛の塊にしか見えません・・・

凄い髪の毛のボリュームです。

パーツの半分は髪の毛なんじゃないでしょうか。

IMG_3164.JPG

髪の毛ついでに、髪の一部色違い部分は別パーツというこだわりが。

塗装は楽になるので助かります。

もう一つ髪の毛の処理についてですが、美雲は先端部分が濃いグラデーションの髪色になっており、キットではシールによる再現です。

このグラデーションこそ、全塗装の強みが出せる部分ですので、ここはきれいに仕上げたいところ。

IMG_3165.JPG

マイクを持つ手のひら周りにも分割がありますが、この箇所はグローブ(?)をしているために、塗り分け箇所で分割線はそのまま色の分割線になります。

IMG_3190.JPG

一通りパーツを眺め、接着が必要なパーツはこの6つのパーツでした。

髪の毛で4つ。

胴体、髪飾り、です。

接着面がとても広く、普通の白フタ接着剤では難しいと思いましたので、タミヤの緑フタの流し込み接着剤を使用。

クリップ止めで一晩寝かしました。

もう2~3日乾燥させてから処理を進めたいと思います。

乾燥待ちの間に、他のワルキューレメンバーに取り掛かる予定です。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー