So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ガンダムベース東京2019/7/31 その2 [イベント]

昨日の続きです。

7月31日のガンダムベース東京のご紹介です。


IMG_0460.jpg

発売されて間もない、ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティのMGです。

IMG_0463.jpg

ランナー状態の展示もありましたが、贅沢なパーツ成型ですね・・・

青色のブレードアンテナ再現のために、1ランナーほぼダブらせているのでしょうか?

MGが1万超えするわけですね。

IMG_0494(1).jpg

箱の大きさはメガサイズモデルのガンダムとほぼ同じくらいだと思います。

持ち帰りは電車だと少し厳しいそうですが、PGとかを手で落ち帰っている海外の方もいらっしゃいますので、周辺住民の理解も進んでいるのかもしれません。


IMG_0462.jpg

個人的に買おうと思っているのは、このグフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)。

カラーリングとシールの違いかもしれませんが、なかなか渋いアイテムです。

2019/8/6発売とのことですので、もう間もなくの発売です。


IMG_0466.jpg

IMG_0468.jpg

意外すぎる新作はGガンダムからデスアーミー。

展示されている5機は同じ機体でしたが、きっとバリエーション展開してくれるんだと思います。

前のマグアナックやリーオーがよほど好調だったのかもしれませんね。


IMG_0467.jpg

MGから、オルフェンズのバルバトスが遂に発売です。

ノーマルの1/100もMGクラスだったように思いますが、更に突き詰めている感じです。

IMG_0469.jpg

上からも。


IMG_0502(1).jpg

IMG_0503(1).jpg

あまり守備範囲ではありませんが、並んで展示されていたこちらもご紹介です。


IMG_0497(1).jpg

水曜日でしたので、こちらの中継も行われておりました。


IMG_0498(1).jpg

ガンダムベース東京のはずですが、30MMのこのシリーズもなぜか大量に販売されていました。

ガンプラ改造に使えますが、やや節操がないような気がしないでも無いと思いますが・・・

知らない人だと、ガンダムだと思って間違って買ってしまいます。

外国の方も多いので、如何なものかと思いますが。


IMG_0501(1).jpg

ちなみに、ホシノフミナは完売でした。

流石に、ですね。


IMG_0505(1).jpg

IMG_0506(1).jpgIMG_0508(1).jpg

写真だけですが、夏祭りをイメージしたこんな展示もありました。

じっくり見ると、かなり細部まで作り込まれています。


もう一つ、入ってすぐのあたりの展示ですが、夏をイメージしたガンプラというテーマで、沢山の展示がされています。

IMG_0510(1).jpg

IMG_0511(1).jpg

IMG_0512.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0514(1).jpg


以上、久々に立ち寄ってみましたが、新しいシリーズの展開に伴い、ガンダムベース東京でもかなり新シリーズに力を入れている感じでした。

しばらくは、時々見に行ってみようかな、と思います。


また面白いものが展示されていましたら、レポートしてみたいと思います。

でも、最近のガンダムベース東京キットは、クリア版などばかりで購買意欲が湧かないのですけどね・・・[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガンダムベース東京2019/7/31 その1 [イベント]

今回はガンダムベース東京の展示のご紹介です。


見に行ったのは2019/7/31。

7/31の14時に今後のガンダムに関する新メディア情報の解禁となる日でした。

仕事ですので、14時の発表をリアルタイムで見ることはできませんので、とりあえず何かあるだろうと仕事帰りにダイバーシティへ行ってみました。

IMG_0479(1).jpg

こちらの情報は前にも出ていましたが、「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」関連の展示がたくさんありました[exclamation]


IMG_0481(1).jpg

新メディア展開、とはYoutube上のネット配信ということのようですね。

ユニコーンの頃から、新しいメディア展開に積極的ですので、今回もこの方式の先陣を切っていくのかもしれません。

IMG_0480(1).jpg

ビルドダイバーズRe:RISEの説明はこちらの写真で。

今回、画像は全て大きめにしていますので、クリックで細かい部分も見えるんじゃないでしょうか。


IMG_0473(1).jpg

メインのギミックはこちらのようですね。

IMG_0475(1).jpg

アップです。


IMG_0476(1).jpg

主人公側の機体のようです。

ん??ガンダムばっかりでしょうか?


IMG_0478(1).jpg

コアガンダム、というガンダムが入っている、という構成のようですね。

コアガンダム・・・微妙なデザインのような・・・なんだか脚が短いのはちょっと。。。


IMG_0482(1).jpg

展示が多いので列挙します。


IMG_0483(1).jpg

ずらっとショーケースが並んでいました。


それぞれのケース内を気になった箇所をアップしつつご紹介。


IMG_0485(1).jpg

ガンダムジャスティスナイト、というストレートなネーミング。

金色とか銀色で塗ってみたいです。


IMG_0486(1).jpg

デスアーミーが早速バリエーションです!

ν-ジオンガンダム??


IMG_0487 (1)-1.JPG

個人的にはこのガンダムゼルトザームがカッコイイかな。

ガンダムXのガンダムヴァサーゴみたいな感じですね。


IMG_0487 (1)-2.JPG


IMG_0488(1).jpg

まだまだあります。

ハロって売れてるんでしょうか。

こちらもバリエーション展開が盛んです。


IMG_0489(1).jpg

まだハロとプチッガイ!

中央には・・・・


IMG_0491(1).jpg

ビルドガンマガンダム、ということでガンマガンダム=リックディアスアスベースの機体ですね。


IMG_0493(1).jpg

ガンダムベース東京に入ってこのようにずらっとビルドダイバーズRe:RISEの展示です。


他にも見てきましたので、続きはまた明日以降にアップしたいと思います。

Re:RISEどうなんでしょうかね。

ガンダム好きとしては、まずは見ますが、キット展開が激しくなりそうですね~




nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その6 [クラッシャージョウ]

今回は、ファイター2に付属する1/20のアルフィンを作ります。


IMG_0380.jpg

ビニール袋に、アルフィンのパーツがまとめられており、写真の通り6パーツで全てです。

小さいながらも、髪の毛が分割が1/8や1/6のガレージキットと同じ構成でシャープな造形です。


キットはガレージキットと同じ、レジンキャスト製のため、離型剤を取り除くために、離型剤落としの液に30分ほど浸し、その後中性洗剤で洗浄しました。
ちなみに離型剤落としは、WAVEのM・ウォッシュを以前に大量に買い置きしていたので、それを2リットルほど缶に入れていつでも使えるようにして、そこに浸しています。
でも、このM・ウォッシュは最近販売していないようです。
似たような製品として、ガイアノーツのレジンウォッシュが1リットル単位で売っていますね。
今後はこちらを使ってみてもいいかな、と思いますが、未だM・ウォッシュが大量にあるので、あと数年は大丈夫そうです[あせあせ(飛び散る汗)]



IMG_0390(1).jpg

とりあえずゲートから切り離しました。

切り離しは、プラモデル同様、ニッパーで適当に切り離します。

プラモデルと違い、ゲートはかなり残して切り離し、このサイズだとデザインナイフで少しずつゲートを削って、本来のパーツ形状になるように、彫刻するようなイメージで処理します。


IMG_0392(1).jpg

それなりにゲートを処理していきましたが、写真の赤いマルにあるような気泡によるえぐれ、がありました。

ガレージキットなので当然あり得ますが、こういったパーツの欠損などは一つ一つ復元させていくことになります。

このレベルの気泡の場合、瞬着で埋めても良いのですが、手早く処理するために、気泡周辺をデザインナイフで切り取って、切り離したゲートがレジンキャストで同じ素材ですから、レジンキャスト片としてサイコロ状にカットして、それを瞬着で接着して整形しました。

こういったことに使いますので、レジンキャスト片は捨てずに持っておく方が良いです。


IMG_0395(1).jpg

気泡はそれ以外に気になるようなものも無かったので、顔を付けてみました。

ついでに、完成時に飾るベースもWAVE製のものが在庫であったので、そちらを使用。

腕パーツはかなり小さく細いので、この時点では接合方法未定のため、放置[あせあせ(飛び散る汗)]

イラストイメージに近い、かなり良い造形だと思います。

おまけキットとは思えないほどのクオリティです!


IMG_0396(1).jpg

後ろから。

ちなみに、首と後ろ髪はキットにモールドされているピン跡をゲージにして、1mmの真鍮線を通すようにピンバイスで穴を開けて接合しています。

胴体は1パーツですので、パーティングラインは丁寧に消しつつ、浅くなったモールド類はデザインナイフと彫刻刀で彫り込んでいます。

また、両足の間もバリなどでモールドが曖昧な感じになっていたので、脚の間にエッチングナイフで切り離すようにしています。

このあたりは個体差がかなりあるだろうと思います。


IMG_0397(1).jpg

以上、まずは仮組みまででした。

続きます。









nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その5 [クラッシャージョウ]

クラッシャージョウのファイター1と2の製作の続きです。


IMG_0426(1).jpg

前回までで、ファイター1と2の共通した色分けになっているパーツに関して、エアブラシを使った塗装がほぼ終了できました。

写真は塗装済みの白とシルバー色のパーツを一時保管用のケースに入れたところです。

いつも一時保管には、ダイソーで売っているシューズボックスを使用しています。

100円でどこでも入手でき、大きさ、高さもMGクラスのキットでも入れやすく、ガレージキットの場合は1/6クラスの大きなものでも余裕で収容できる、という容積が魅力です。

積み重ねもできるので、収容にはうってつけです。


ここまで基本色の塗装ができましたので、次はファイター1と2の個性を塗り分けていこうと思います。

青と赤ですね。


IMG_0428(1).jpg

まずはファイター1の青です。

ガイアノーツのクラッシャージョウカラーも買ってみましたが、自分の中のイメージよりも白っぽすぎて、なんだかちょっと合わないので・・・結局、青色は混色して作りました。

割と説明書通りですが、水色の代わりにライトブルーを使いました。

Mr.カラーの65番のインディブルー+323番のライトブルーを6:4くらいの割合で混ぜた青です。

キットの整形色にも近い感じでした。

グラデーションにしようかとも思いましたが、今回は単色のべた塗りです。


次はファイター2です。

IMG_0429(1).jpg

こちらの赤は、Mr.カラーのGX3のハーマンレッドです。

隠ぺい力も強いので、単色のべた塗りです。


IMG_0431(1).jpg

これで大まかな塗装はできました。

100均のシューズケースに入れて乾燥させます。

残すは、各所のスミイレ、キャノピー周りの塗装、その後にデカール貼り、というところです。

また、ここまで手を付けていない、1/20のアルフィンも作っていきます。









nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その4 [クラッシャージョウ]

ファイター1の塗装の続きです。


前回でグレーの塗装が終わっていますので、次は塗装の順番を考慮して、白です。

このキットはほぼ色分けがパーツ分割で出来ているのですが、例外的に尾翼(?)のパーツだけはエンジン部分とつながるようにシルバーが必要な箇所があり、唯一マスキングが必要な箇所です。

そのため、全体の白→マスキング→シルバー、となりますので、まずは白を塗る箇所はこのタイミングで全て塗装します。


IMG_0413.jpg

主に翼、機首、機体の後方パーツです。

比較的大きめなパーツが多いので、持ち手は安定して持てるピンなどをよく考えて挟んだ方が良いです。

白はキット指定のグランプリホワイトです。

パーツ面積も広いので、薄めの白を3~4回重ね塗りして、モールドが埋まらないように気を付けました。


IMG_0415.jpg

白が塗れたので、次はシルバー部分です。

キット指定では、シルバー+黒鉄色を50%ずつに少々の青を混ぜるような色指定です。

今回は、以前に作った、FRBの初音ミク用のシルバー+黒鉄色にシルバーなどを混ぜて、明るめに調色して使用しました。

写真ではエンジン回りのパーツもマスキングしています。

これは、エンジン部分に差し込む差し込み軸が、かなり精度が高いことから、塗膜で嵌らなくなりそうだったので、保護のためのマスキングです。

大雑把でも良いので、気楽なマスキング作業でした。


IMG_0418.jpg

尾翼(?)の白パーツはシルバーに塗る箇所を残してマスキングしています。

直線なのでマスキングは楽なのですが、数が多い・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

ファイター1と2を同時に作業しているので、1体でも8枚あるパーツが ×2 で16枚です。

無心でひたすらマスク。修行のようです。


IMG_0419.jpg

シルバー塗装完了!

シルバー系はムラが出にくい上に、塗った感があります。


シルバーがまだエアブラシのカップに残っていたので・・・

IMG_0421.jpg

ついでに機体の赤、青のパーツ裏にシルバーを吹いておきました。

これは光の透け防止です。

本当は白のパーツでもしたかったのですが、翼と機体後部の白の色味が変わると違和感があるかな?と思い、白は白で裏側も一応塗っただけに留めています。


IMG_0424.jpg

1時間ほど乾燥させたくらいで、マスキングをはがしました。

キレイに塗り分けができたようで良かったです[グッド(上向き矢印)]

このパーツは塗り分けの境界線に赤いラインが入りますが、このラインはデカールが付属しますので、デカールを使ってみようと思います。


ここまでの塗装で、塗装は6割ほど進んだかと思います。

順調です。









nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -