So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その9 [クラッシャージョウ]

9月になって、涼しくなったかと思えば、昨日の台風15号の影響で関東は激アツでした。

JR各沿線も計画運休を発表していたため、出勤や登校する人々の足が完全に失われた1日でした。

暑い中、右往左往する羽目に陥った人が多くあったかと思います。お疲れさまでした。

私はそこまで被害は受けませんでしたが、暑い中混んだ電車に乗る羽目に陥り、体力を消耗した1日でした。


さて、そんな日記はさておき、またしても飛び飛びになっているファイター1と2と製作日記の続きです。

前回までで、一通りの全体塗装とスミ入れまでが終わった状態で、細部の塗り分けなどが残っていました。


まずは、細部の塗り分けで最後まで面倒で放置していた、タイヤなどの脚周りをやっつけたいと思います!

IMG_0578(1).jpg

過去、バルキリーなどでもタイヤの塗装には悩みました。

飛行機モデルの塗装では、グレーやシルバーでメカ部分を塗った後、タイヤパーツは筆塗り、というのもよく見かけますが、筆塗りは案外手間ですし、時間も掛かります。

といって、マスキングするのも完全な円形をくり抜くのも難しく、円形カッターではタイヤの中心だけをマスクするような小さな円の切り出しは難しいです。

そこで、探したのが、写真のHQ PARTSさんの円形マスキングシールMです!

3.0mmから、0.1mm刻みで円形がカットされているという便利商品です。

ファイター1、2のタイヤパーツは小さいのと大きいサイズとの2つがありますが、小さい方は、3.2mm、大きい方は3.4mmのマスキングシールでぴったりでした!

両面貼るとマスキングシールがもったいない(ケチ!)し、どうせ片面しか見えない、ということで片面のみマスクしています。


IMG_0580(1).jpg

持てないので、マスクしていな方の穴に、先端をカットして径を合わせた爪楊枝で持ち手を作っています。


IMG_0581(1).jpg

色はシンプルにタイヤブラックです。

躊躇なく、満遍なく塗ってしまいます。

1時間ほど乾燥の後、デザインナイフでシールの端をめくるように、塗膜に傷が付かないように気を付けて剥がせば完成!


IMG_0584(1).jpg

その他、脚周りのグレーは最初に塗っていたので、エナメルのシルバーでワンポイントをちょんちょんと塗っていきました。

ここは筆塗りでも楽勝です!


IMG_0585(1).jpg

マスクを剥がして、並べればこの通り、ピシッと塗り分けできました~

円形マスキングシールはとっても便利でした。

今後、飛行機モデルはこれで行こうと心に誓いました[るんるん]


IMG_0586(1).jpg

これで脚周りは完成ですので、組みあげます。

でも、ファイター1と2ともに、脚付きにするのも芸が無いので、せっかく塗ったけどどちらかは使用しないことになりますが・・・・


IMG_0588(1).jpg

本体も塗装が終わったパーツを少しずつ組みあげます。

形と色が出てきて、テンションが上がりますが、ここで雑に組み上げると、塗膜がはがれたりするので慎重に慎重に・・・・


IMG_0589(1).jpg

芯になるパーツにシートや一部の外装を付けていきますが、シートは塗膜のためなのか、合いがシビアなので、結構ハメ合わせがキツメでした。

今回は、塗膜やシートに貼ったデカールの剥がれを避けたいので、はめ込みのプラ部分を削って調整しています。

どうせ可動もしませんので、ゆるくっても接着すればOKですね。


IMG_0590(1).jpg

ファイター2も同じように組み上げますが・・・・ここで重大なミスに気づきました!

マル部分です。

キャノピーパーツが本体を噛み合うヒンジになるパーツをゲートと勘違いしてニッパーでスパッと切断、あまつさえヤスリで処理までしてしまっていました・・・[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

泣くに泣けない・・・・

色つき、無色で2個、2個の計4個のキャノピーのうち、3つを同じ処理していましたので、すでに手遅れ。


IMG_0591(1).jpg

それ以外で時間の範囲で組み上げたところで、時間切れ!

今回はここまでで、一旦中断となりました。

単身赴任先に戻らねば[あせあせ(飛び散る汗)]


壊してしまったキャノピーパーツを請求し、塗り分けようのシートも頼むと、500円+600円 を2組となってしまいます。

これではキットを買った方が安いのでは、と思いますので、多分あともう1機買う事になります。

作りかけのアルフィンも、少し手抜きを後悔しているので、ファイター2を買おうかな・・・


といった感じで、完成は間近なんですけど、ミスりました。

説明書良く読め、ということですね[たらーっ(汗)]










nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その8 [クラッシャージョウ]

あっという間に、今年も夏は終わりましたね。

早くも9月です。

完成品がこの4カ月は増えておらず、困ったものですが、順調に在庫だけは増えています[あせあせ(飛び散る汗)]


前回進めていたファイター2付属のアルフィンは、時間切れにより一時中断です。

並行して行った、本体の塗装についてに変わります。


本体はファイター1と2の2体を同時並行で進めています。

本体の主な塗装は終わっていましたので、今回はスミ入れを中心に行っています。


IMG_0550(1).jpg

ファイター1の青、ファイター2の赤、と真逆の色味のため、スミ入れはそれぞれ別の色です。

ファイター1には黒、ファイター2にはダークブラウンによるスミ入れを行いました。

ただ、本体はハセガワのキットらしく繊細なスジ彫り彫刻がなされており、今回サフ吹きはしていませんので、彫り直しはほとんそせずに(手抜き)本体塗装をしていたため、スミが入りにくい箇所がちらほら・・・

結局、拭き取りで消えてしまうような、浅いスジは彫り直しをしつつスミ入れ、拭き取りを何回かやり直すハメ[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_0553(1).jpg

翼などの白(実際にはグランプリホワイト)部分には、グレーによるスミ入れ。

こちらもエッジ部分などは少し彫り直しつつスミ入れとなりました。


IMG_0554(1).jpg

エンジンにつながる大量の尾翼パーツ。

このパーツは抜きの関係が片面のみスジ彫りが浅いようです。

やはりこちらも彫り直しつつスミ入れを行ったため、思った以上に時間が掛かっています。

こういうのは、やはり手間でも事前の下準備をもっと入念に行いなさい、ということなんでしょうね。

なかなか進歩しません・・・


IMG_0564(1).jpg

スミ入れをして、スミが乾く間にキャノピーの塗装を付属のマスクシールで行いました。

A、B、Cと3枚のシールを順番に貼るのですが、Cのシールの収縮のせいか、引っ張っていたためか、微妙に長さが合わないように感じたため、このパーツについては、Cのシールの代わりにマスキングゾルでマスキングしました。

IMG_0565(1).jpg

直線はシールをカットしていますが、残りはマスキングゾルです。

他のキャノピーは上手く貼れましたが、なぜかこの1枚だけ微妙に合いませんでした。


IMG_0567(1).jpg

ファイター1、2、おまけで透明なパーツも1枚塗っておきます。

裏側はマスキングテープを大まかにはって念のため養生しておきます。


IMG_0568(1).jpg

マスキングゾルの乾燥待ちの間に、エンジンパーツの先端と根元で色が異なりますので、先端をマスクして濃い部分を塗る準備をしました。

マスキングテープを丁寧に貼れば案外簡単にマスクできてしまいました。


IMG_0569(1).jpg

キャノピーの色は、キットの指定色Mr.カラー#331のダークシーグレーです。


IMG_0571(1).jpg

キャノピーのマスキングをそっとはがせば、キレイなキャノピーの出来上がりです!

ハセガワのマスク用シールの精度は非常に高く、楽をさせてもらいました。


IMG_0572(1).jpg

一方でエンジン部分の塗装です。

キット指定では黒鉄色ですが、イメージとしてもう少し濃い目にしたかったので、手持ちで合いそうな色として、ガンダムカラーのMSグレー連邦系を使用しています。

メタリック色で黒鉄色のもう少しダークグレーよりのため、使いやすい色です。


IMG_0573(1).jpg

こちらも先端のマスクをはがせば、キレイに塗り分けできました。


あと残った塗装は、本体に関しては脚のシリンダー部分のシルバーと武器周りの細部のみです。

筆塗りでササッと仕上げますが、搭乗フィギュアも塗らなければ。









nice!(43)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

C3AFA TOKYO 2019 その2 [イベント]

2019/8/24~25に千葉県の幕張メッセで開催された、C3AFA TOKYO 2019の2日目(25日)の続きです。

A-IMG_0650.jpg

ガンダムA連載のジョニー・ライデンの帰還からの立体化多数です。


A-IMG_0653(1).jpg

1/20でガンダムキャラクターをメインに、エルガイムのガウ・ハ・レッシィ、ダンバインのマーベルなど。

相変わらずクオリティの高さの、林浩己さんのリアル造形です。

レッシィ、マーベルは欲しいと思いつつ・・・今回は我慢。

A-IMG_0654(1).jpg


硫黄泉のダーティペアのユリ。

かなり今風のアレンジもありつつ、当時のTV版を再現した造形で、大きさもあいまって目立っていました。

A-IMG_0655(1).jpg

こちらも買おうかどうしようか、非常に迷いました。

A-IMG_0657(1).jpg

が、今回は我慢で。

ケイとのセット、または一緒に販売されていたら買っちゃったでしょうね[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0658(1).jpg

こちらも迷ってしまうものばかり・・・目に毒です。

みすまる☆ましいのMS少女など。


A-IMG_0661(1).jpg

こちらも同様にみすまる☆ましい氏です。


A-IMG_0663(1).jpg


A-IMG_0668(1).jpg

レディ・カワグチですね。

大きさといいボリュームといい、何も言う事がありません。

A-IMG_0669(1).jpg

同じディーラーさんでレイコ・ホリンジャー。

鏡が展示されており、後ろ姿も見えるように工夫されていました。

鏡に一般の方が映り込んでいたので、カットしています。


A-IMG_0672(1).jpg

Gガンダムのレインですね。

勇ましいポージングで、筋肉の表現が凄いです。


A-IMG_0674(1).jpg

ザブングルからラグ・ウラロ。

悩ましいところですが・・・今回はちょっと予算オーバーでパスしました。


A-IMG_0676.jpg

エルガイムのリリス、ダンバインのチャム・ファウとドストライクなキットですが、25日の午後ではさすがに完売でした。

残念・・・・


A-IMG_0677.jpg

ガンダムNTのゾルタン、ララァも良いのですが、やはりエル・フィノ・・・がやはり完売です。

こういうのを見ると、24日からくるべきであった、と後悔しますね[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0679.jpg

SILICON-TRIBEさんのエルガイムなどですが、非常に大きなサイズに繊細なモールドで、間近で見るとものすごい迫力です。

A-IMG_0680.jpg


A-IMG_0682.jpg

ちょっとディーラー名控えてませんが、F91とビギナ・ギナはバンダイのMGとRE/100のようですので、ラフレシアの1/100ですね。

右はさりげなく、ノイエ・ジール。

どちらも流石にバンダイからのプラキット化は難しいと思われるものが、販売されているこの状況はすごいものがあります。


A-IMG_0685.jpg

アヤメさんのキットも目立ちました。


A-IMG_0695.jpg

これらはどうやらペーパークラフトのようでしたが、全て1/60という迫力。

どうやったらこんなものが作れるのでしょうか・・・・圧巻です。


A-IMG_0703.jpg

企業ブースとして、ホビージャパンの展示も見てきました。

最新号に掲載の作例群でした。


A-IMG_0710.jpg


と、最後に今回の戦利品。

B-IMG_0630(1).jpg

ダーティーペアのユリ&ケイの1/7で10,000円というリーズナブルさで即決でした!

展示はサフ吹き状態のものでしたが、とても良い感じで一目ぼれです。

B-IMG_0631(1).jpg

これは完成させたいです!


更に、B-IMG_0651.jpg

こちらのガウ・ハ・レッシィもその大きさに目が止まり、一目ぼれです。

単体で12,000円は少し迷いましたが・・・やはり買っておくべきと心が訴えるので素直に従いました[あせあせ(飛び散る汗)]

B-IMG_0652(1).jpg

独特のアレンジも良い塩梅で後期のレッシィにハマっている感じです。

私が仕上げる際は、もう少しTVよりの配色にするかなー、とか考えながら仕上げを妄想しています!



最後にディーラー名アフロさんのマヘリア・メリルの1/8キットも買いました。

IMG_0718.jpg

仕上げでTVよりにしていければ良いなぁ、と思いつつ、そもそもVガンダムのシュラク隊のキットがあること自体に感謝です。

ディーラーさんとも少しお話させていただき、是非シュラク隊コンプリートを!と勝手なお願いをさせてもらいました[わーい(嬉しい顔)]


初めてガレージキットの販売イベントに行きましたので、予算などもあまり考えていなかったため、購入数は控えめでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

12月にあるトレフェスも行ってみたいと思います!






nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

C3AFA TOKYO 2019 その1 [イベント]

先日の2019/8/24~25に千葉県の幕張メッセで開催された、C3AFA TOKYO 2019の2日目(25日)に行ってきました。

つい先日も夏コミなどのイベントも近所であったのですが、人ごみと暑さに耐えられそうに無いと思いスル―していましたが、今回はせっかくの機会ですので、お出かけしてみました。


今回はC3AFAで気になって撮影してきたディーラーさんのガレージキットばかりですが、ご容赦ください。


A-IMG_0612(1).jpg

当日券¥1,000を購入し入場。

入ってすぐ目に入った光景です。

この手のイベントは初めてですので、ドキドキでした[るんるん]


A-IMG_0618.jpg

階段を下りてすぐに展示されていた、マクロスFのシェリルとランカの1/1フィギュア。

発売予定だとか。

実寸ですので、流石に大きいです。


A-IMG_0626.jpg

バンダイのコーナーに移動。

色々と新作なども展示されていますが、ガンダムベース東京とかぶりますので割愛。

今回の目玉であった、Figure-RiseLABOの新作で、初音ミクです。

12月発売予定の¥6,000だとか。


A-IMG_0628.jpg

回転する展示ベースとコンサート会場イメージの展示スペースです。

A-IMG_0629(1).jpg

目玉技術はこちらの通り。

グラデーションや質感の追求を行っているとのことで、素組みで展示のような状態ということのようですので、その技術力はもはや異常です[ぴかぴか(新しい)]


A-IMG_0633(1).jpg

ここからディーラーさんのブースに移動し、ぐるぐると見て回りました。

ガンダムXのベルティゴ(たぶん1/100)など、ガレージキットならではのキットが並ぶ様は圧巻です。

すでに2日目の午後でしたので、残念ながら売り切れも多く、買いそびれてしまったなぁ、というキットもありました。

次回、こういったイベントは早めで行かなければならない、という教訓を得ました。


A-IMG_0637(1).jpg

A-IMG_0639(1).jpg

A-IMG_0640.jpg

このあたりは露出度高めのキットばかりですが、造形は素晴らしいですね。


A-IMG_0641(1).jpg

このあたりのキットを買おうかどうか迷ったのですが、予算オーバーで断念。

もう少し手持ちの現金を持ってくるんだった、とここでも教訓を得ました[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0647(1).jpg

ガンダムOOのフェイト、オルフェンズからアトラ。

こういったキットがこの価格で買えてしまうということに購買欲を刺激されてしまいますが・・・他に欲しいものがあったので我慢。

ネットオークションではこういったキットの1.5倍~2倍で出品されていますので、色々考えさせられます。

イベント会場に来ることができない人も沢山いますので、需要はあるのですが、割り切れないものを感じますね。


A-IMG_0648.jpg

アレンジの聞いたガンダムSEEDのラクスです。

かなりカワイイ感じです。


まだ写真もあるので、記事を分けたいと思います。







nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クラッシャージョウ 1/72 ファイター1&2 その7 [クラッシャージョウ]

前回の続きでファイター2付属の1/20アルフィンのレジンキャストキット製作の続きです。

ファイター2を作った人は多いようですが、なぜかアルフィンには手が出ない人も多いのかもしれません。

レジンキャストキットという素材のせいで、苦手意識があるのかもしれませんが、プラモデルとそう大きくは変わりませんので、作っていきましょう!


ポイントとしては前回記事で書きましたが、離型剤の洗浄が最大のポイントです。

キレイに洗浄できていれば、後はヤスリ掛けとモールドの復元だけです。


と言う事で、今回はそれらが終わった状態(前回記事参照)からスタートです。


IMG_0556(1).jpg

全体に白サーフェイサーを吹きました。

今回はタミヤの白サフです。

粗さは1000番相当の細かさなので、傷埋めにはなりませんので、そういった処理はこの段階まででできるだけ終えておく必要があります。

傷→瞬着で埋め→ヤスリ→サフ吹き

です。

と言いつつ、帰省のわずかな時間で塗装しているので、あまりこの表面処理ができておらず・・・・粗いまま塗装に入っています[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_0557(1).jpg

後ろから。

白サフを吹きますが、あまり厚くなるとモールドが埋まるので要注意です。

モールドもある程度は彫り直しておいた方が良いです。


2度ほど薄く全体に白サフを吹いた状態で、時間が無いことを理由に次のステップに進めました[あせあせ(飛び散る汗)]

実は上の写真は白サフの後に、全体にグランプリホワイトを吹いた状態です。

上着の中のシャツや腹部、ズボンの指定色ですので。


でも、ズボンは面積も大きいですし、見せ場にしたいので、グラデーションを強めに掛けてみます。

IMG_0559(1).jpg

白+水色で作った自己流の白色の影色を陰になりそうなところに吹きます。


IMG_0560(1).jpg

こんな感じでしょうか。


IMG_0561(1).jpg

その上から再度グランプリホワイトでハイライトを意識しつつ塗ります。

青色はほぼ消す感じですが、ほんのり残します。

今回は上半身と白の色味を変えてみようと思いましたので、青を残し気味です。


IMG_0562(1).jpg

前から。

最終的に、この写真の状態から全体にグランプリホワイトをふわっと掛けて、もう少し白っぽくしてみました。


IMG_0592(1).jpg

いきなり顔完成?

このキットは意外ですが、肌色は顔しかありません。

顔の色はレジンキャストのベージュが良い感じでしたので、サフレスにしてみようと思い、メタルプライマー改で保護しただけにしています。

もしかすると気が変わって塗るかもしれませんが・・・


そのプライマーを吹いた状態に、瞳はデカール、口はエナメルのクリアーレッド、ピンク、白などを混ぜてそれっぽく塗っています。

が、口の中の赤が思ったより透けてしまっているようですので、肌色をもう少し塗るかもしれません。


また、瞳はキットに2種類付属していますが、今回はキットのデカールは使用していません。

実は少し前に作った、Maxfactoryの1/20アルフィン(プラキット)の瞳デカールが沢山余っていたので、これを当ててみると、少し大きい感じがしたものの、貼ってみると案外ぴったり!

眉毛も付いているので、手抜きモデリングには良いですね!


IMG_0594(1).jpg

正面からもう一枚。

割と自然に瞳が入ったと思いますがどうでしょうか?

ついでにベルトのJマークもデカールが余っているのですが、このキットのJマークは彫り込まれているので、塗っても簡単にキレイに塗装出来そうですので、デカールでなくとも良さそうです。

もしデカールを使うなら、先にJマークを埋めて平らにした方が良いですね。


・・・ここでアルフィンに関しては時間切れ。

続きはマスキングで赤色を塗って、銀色を塗って・・・・といったところです。

相変わらず黄色部分をどうしようか?と迷ってしまいます。









nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -