So-net無料ブログ作成

【完成】バンダイ 1/20 フラップター その5 [フラップター]

フラップター本体が完成しました。

早速、少し前に仕上げていたパズーとシータを搭乗させます。

パズーとシータは単体で飾ると、ポーズの特性からパズーは自立できないため、やはりフラップーあってのフィギュアなんだと再認識。

IMG_1683.JPG

キットは全体塗装の後、前方ドクロマークはラッカーのグレーFS36622で筆塗りし、エナメルのスミイレブラックで簡単に仕上げてます。

全体はダークブラウンによるスミイレで違和感無く仕上がったかと思います。

IMG_1676.JPG 

完成して思ったのは、羽がとてもとても大きい事です。

ショーケースに飾りますが、横幅は30cmくらいになってしまうため、思いがけず大型キットクラスの占有面積となりました。

バンダイのスナップフィットであることから、全体的にあまり接着せずに組み上げています。

IMG_1671.JPG

後ろから。

こうなるとせっかく塗装した操縦桿まわりやコンソールはほとんど見えませんね[たらーっ(汗)]

あと、パズーの鉄砲を塗装する際に、持ち手のために爪楊枝の頭部分がおそろしくピッタリフィットだったため、挿したまま塗装し、エナメルで軽くスミイレをしていましたが、どうやらこれがまずかったようで爪楊枝を挿していた接続穴から亀裂が・・・

流し込み接着剤でリカバリーしましたが、あやうくばらばらに砕けるところでした。

テンションのかかる部分はスミイレ要注意であることを改めて認識させられます。

 

IMG_1670.JPG

 

また、側面にある排気口?のような箇所からスス汚れのようなウェザリングも良いかもしれませんが、今回はそこまでは行いませんでした。

この部分も今後気が向いたら追加で汚しを入れるかもしれません。

 

IMG_1668.JPG

全体像です。

IMG_1667.JPG

羽は透明プラバンになっています。

今回の反省として、羽基部を接着してから汚れと傷防止のために羽根基部周辺のみマスキングして塗装していましたが、これが少し失敗でした。

透明なプラバンにはマスキングテープの糊が案外目立つもので、拭いてもなかなか取れずに少し汚くなってしまいました。

アルコール除菌スプレーをティッシュに付けて、何回かやさしく拭うことである程度は取れましたが。。。

IMG_1658.JPG

今回、本体のカッパー色はきれいに出たと思います。

本体下の赤茶色のような部分は、シンプルに艦底色一色。

また、全体的に塗膜は厚めなため、スナップフィットのはめ込み部分は、デザインナイフで削ったりしてテンションを下げるような加工をしています。それでもまだぴったりしていないので、いずれ修正しなければなりません。

 

IMG_1652.JPG

正面から。

ディスプレイスタンドはタイヤブラックのみ。真っ黒よりは落ちついた感じがします。

 

IMG_1651.JPG

 

以上、ようやく完成です。

まだ3月ですが、”2ヶ月で1つ完成させよう”の当初計画からすればハイペースです。

ただ、これだけ早いのも、過去20年の間に塗装手前まで仕上げて放置していたキットの塗装だけを行っているに過ぎないため、そろそろキットを最初から作っていくことになりそうです。

次はどれを作ろうかな・・・・と、在庫の棚を眺めながら悩み中。

ジブリキットコンプリートのために、メーヴェか、ガンシップもアリかな。 

 











人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0