So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その6 [マクロス]

時間を見つけてはバルキリーの製作を継続しています。

脚にあたる部分はモナカ割のため、足首パーツなどを挟み込んで接着が必要です。

ただ、ランディングギアが出る箇所は、断面が案外気になりますので、断面を塗装していきます。

この箇所、後で機体色による塗りをしようと思うと、ランディングギアが収まる箇所がグレーのため、きれいに塗るにはエアブラシでマスキングが必要となりますが、形状の影響でマスキングが厄介です。

そのため、断面にあたる箇所だけを先に機体色(Mrカラー311番のグレーFS36622)でエアブラシ塗装をしていくことにしました。

飛行機モデル系は、こういった塗装→組み立て、が必要と言いますが、キャラクターモデルばかり作っているので新鮮です。


最初はこのパーツだけの部分塗装を想定していましたが、せっかくエアブラシを使用するので、ほぼ全体を311番で塗ることにしました。

IMG_2796.JPG

写真はそのうちの一部ですが、ほとんどの外装パーツは塗ってしまいました。

ただし、311番のべた塗りです。

グラデーションをかけるか?という検討課題は残しつつ、まずは一通りの塗装としました。


次に、前回に課題として残していたタイヤの車輪とホイールにあたる部分の塗り分けです。

2パターンを考えました。

ホイール部分のサイズは4mmという計測結果から、案を2つ考えました。


(案1)全体を白。その後、ホイールの白をマスキングテープ(丸いもの)で覆って、タイヤを塗る

(案2)タイヤを塗って、タイヤ部分をマスクしホイールを塗る


いずれの案も丸いマスキングをどうするか?が最大の懸念事項です。

案1を実施するために、ハイキューパーツの丸型マスキングシートを探したものの、Amazonなどでは¥200の定価に対して送料などが高過ぎです。近くのヨドバシなどの実店舗でもなぜかこのマスキングシートだけ売り切れ。

HGUCドムのモノアイ用シールがサイズ的に合いそうでしたが、数を必要とするため断念。

そのため、やむを得ず案2を試行します。

ただし、きれいな4mmの穴を作る必要がありますが、ピンバイスは3mm程度と微妙に足りません。

少し探したところ、WAVEのHGステップドリルという製品がありましたので、¥2480とやや高価でしたが、以前から気になっていた工具でもあったので、購入してみました。

IMG_2791.JPG

2~10mmの穴を1mm刻みで開けられるというドリルです。

タイヤのホイールは今回4mmですのでこれでいけそうです。

マスクを作るにあたり、プラペーパーで試したのですが、薄いと穴が歪になることが判明しました。

そのため、プラ版は1.2mmのものを使用し、適当にタイヤの数分の穴を開け、穴の周囲に両面テープを貼ってタイヤを取りつけました。

その際、穴の中心になるように合わせるのですが、なかなか微妙です・・・・

まだ運用方法がこなれていないせいもあり、ずれてしまって、リタッチが必要な状態になってしましました。

IMG_2802.JPG

4つの穴がHGステップドリルで開けた4mm径の穴。

穴周辺は両面テープです。

筆塗りよりはまし、といったレベルです。

まだ運用方法を練り直さなければ、といった状態です。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その5 [マクロス]

先日に続きバルキリーです。

現在は細かなパーツの接着や塗装を行っています。

バトロイド時に脛パーツになるエンジン部分を除き、ほとんどのパーツの接着が終わりました。

ランディングギア3脚の接着には速乾のタミヤセメント流し込みと普通の流し込みを併用して接着剤がはみ出ないように少しずつ丁寧に組み立てます。

塗装は白とシャフト部分をシルバーというシンプルなものですので、ちゃちゃっと塗りました。

IMG_2790.JPG

こんな感じです。

いつもフィギュアかMSくらいしか作らないので、もの珍しい感じで、飛行機、といった感じです!

説明書を読むと、ほとんどのパーツの裏側は白で塗装の指定がありますので、この脚を含めて白部分はスプレーのキャラクターホワイトが手元にあったので、手軽にこれでさっと塗っています。

シルバーはラッカーの8番シルバーを筆塗り。


続いて、タイヤ部分も中心は白なのでキャラクターホワイトで塗ったパーツに、タイヤ部分を筆塗りでタイヤブラックを塗ってきました。

が、何かだめな感じ。

IMG_2793.JPG

写真は小さくぼやけていることもあって、あまり違和感ありませんが、白と黒というコントラスト差の影響で塗り分けがビシッと決まっていないのが目立つ目立つ・・・

たぶんこういった細かな部分を丁寧に仕上げないといけないと思い、一通りは筆塗りでやるだけやってから思案中です。

参考までに、過去のMG紙の飛行機を作製する記事ではやはり筆塗り、とあったりしますが、飛行機モデラーの方はそうなんでしょうか。

ちょっと筆では納得できる塗り分けができそうにありません。

少し考えます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その4 [マクロス]

引き続きバルキリーVF-1Jを作っています。

飛行機モデルはまともに作るのが初めてで、勝手が分からないなりにとりあえず説明書を良く見て作ります。

その工程の中で、一番引っかかっていたポイントはキャノピーのパーティングライン消しです。

IMG_2777.JPG

写真は分かりづらいですが、中央にパーティングラインが出ています。

これは目立ちます。

バルキリーはバブルキャノピーという種類で、スライド金型を使った手の込んだ作りのようで、この特徴は必ず上面にパーティングラインが出てしまう、という事だそうです。

とりあえず色々と調べてみると、目の細かな紙ヤスリでやすれば良い、とのこと。

透明パーツにヤスリがけは結構勇気が要りますが、とりあえずタミヤの1200番でスタートしてみました。

表面にはヤスった後の細かな削りかすとともに、なんとかパーティングラインも消えてくれたようです。

同時にキャノピー上のモールドも消えそうになったので、デザインナイフを丁寧にあてて彫り直しをしています。

その後、モールドが消えないことを確認しつつ、1500番、2000番のヤスリで傷を消していきました。

2000番を使用した時点できれいな表面になってくれました。

仕上げはタミヤのチューブ入りのコンパウンドで、普通のものと細目のものを使い、最後に9800番相当のボークスの液状のコンパウンドで磨きました。

最後は綿棒に液を付け、丁寧に。

IMG_2786.JPG

やはり分かりづらい写真ですが、中央のパーティングラインは消えてくれました。

案外簡単でしたが、やったことの無い工程は勇気が要ります。


続けて、飛行機モデルならではの塗って、組みあげる、のフローに従い、塗装可能箇所を塗って行きいました。

IMG_2784.JPG

後ろの奥まった箇所のパーツと東部パーツのアンテナ部分を黒鉄色でエアブラシ。

最初にも黒鉄色をエアブラシしていますが、まとめてやっておけば・・・と少し後悔。

最初に工程をもっと考えるべきでした。

その他、焼鉄色で塗る箇所もエアブラシで塗装していきました。


塗装の乾燥中に接着可能箇所をどんどん進めます。

バトロイド状態の太ももにあたるパーツと機首パーツの合わせ目消しのために瞬着でパテ代わりの塗り込みをします。

IMG_2781.JPG

画像がぼけ気味ですが、こういったパーツを組み上げていきました。

あとはバトロイド時の脛にあたるパーツとランディングギアなどの細かなパーツを組めば、組み立ては完成です。

案外サクサク進めていってます。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【完成】HGUC シャア専用ザク 1/144 その4:ギロロザク [HGUC]

7月に素体としてのシャアザクが完成しましたが、その後の仕上げが放置状態でした。

涼しくなった昨今、ようやく当初の予定の仕上げを実施。

その名も「ギロロザク」の完成です[exclamation×2]


IMG_2769 (1)-2.JPG


知っている人は知っている雑誌「キャラクターモデル2003年秋号」の付録にあった、ケロロ軍曹デザインシールを使っています。

IMG_2743.JPG

現在は廃刊だと思いますが、作例も多くてよく読んでいた雑誌です。

たまたま持っていたことを思い出して、このシャアザクの為に発掘してきました。


付録のシールはケロロザク、ギロロザクの2体用ですが、今回はシャアザクに貼るため、ギロロザクシールを使用しています。

IMG_2748.JPG

全身正面です。

全体にまんべんなくシールを貼っていますが、とても大変でした。

付録シールは切り出しからしてデザインナイフやハサミで切り出す必要がありますので、切り出しだけで1時間以上は掛かっています。

IMG_2750.JPG

また、貼り付けも気泡を逃がしながら丁寧に貼って行きましたので、やはり1時間少々。

合計3時間弱は掛かったと思います。


IMG_2755.JPG

シールドに描かれたシャアザクコスのデザインはまるで痛車のようですが、ギロロザクの売りですね。

これを貼ってみたくて、今回はギロロザクにした、というのもありますが。


IMG_2751.JPG

頭頂部から武器に至るまで、全身シールによるデコレーション。

下地がピンクで、白いシールはどうしても透けてしまいますが、こんな色合いだと思えば・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


IMG_2757.JPG

背面もしっかり貼っています。

ザクは脛部分や、肩のスパイク部分など、曲面が多いのがシール貼りでは鬼門でした。

普段、プラモデルに付属するシールを貼ることがほとんど無いので(塗装してしまうので)、シールの貼り方を分かっていませんでした。

例えば、写真のふくらはぎ部分に貼っているシールなんかは段差部分や曲面の一部にデザインナイフで少し切れ込みを入れて密着させていますが、他の部分はそれに気づく前に貼ってしまい、少し浮いてしまいました[たらーっ(汗)]

まぁ、これも勉強です。

IMG_2761.JPG

スパイクアーマー周りのシールなど、反省点が多くあります。

IMG_2771.JPG

という事で、ギロロザクとしてシャアザクは完成しました!

一応、キャラクターモデルの付録はもう一体分あり、ケロロザクをいずれ作らなければなりません。

以上、ギロロザクでした。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/72 VF-1J バルキリー<TV版> その3 [マクロス]

前回のバルキリーの作製から2カ月ほど空いていましたが、久しぶりに手を付けました。

本日は前回終えていたコクピットを機首部分に組み込んで接着、胴体部分の作製です。

バンダイのキットばかり作っていると、ハセガワキットのような別フォーマットはとても新鮮です。

飛行機モデラーだったら普通なのでしょうが、キャラクターものばかり作ってる身としては、あぁここも別部品で接着するんだな、といった感じで説明書を見ないと作ることができません。


ということで、機首部分を接着しました。

IMG_2735.JPG

コクピットを挟み込むだけなはずなのに、なぜかぴったりパーツがかみ合いませんでした。

コクピットを外すと合います。

ということはコクピットパーツが干渉??

塗膜の厚みもあるのかとも思いますが、あまりにもかみ合わない感じです。

色々とすり合わせしてみた結果、A4パーツの四角をデザインナイフで1mmずつ程度削って、角を落としていきました。

結果として、これでようやく接着することができる合いになった、という事で手間が掛かります。

バンダイキットの精度が良すぎて、それに慣れ過ぎなのもしれませんが・・・


その他、胴体部分も説明書をよく見ながら少しずと作業できる部分を組み立てていきます。

可動部分は一部あるものの、基本的には組み立てて塗装をやっていくことになると思えば、どんどん手を進めていけます。

そうやって、一段落できるところまでパーツをゲート処理しつつ組み立てていき、一旦接着剤の乾燥待ち。

IMG_2730.JPG

接着剤ははみ出してしまうと、微妙なモールドが消えてしまいますので、タミヤの流し込み接着剤の速乾性を使用しました。尾翼は角度決めがあるので、普通の白蓋の接着剤少々と普通の流し込み接着剤で接着しながら、角度を微調整しました。


今後も塗装や他キットの合間にこのバルキリーを進めていきたいと思います。

年内に完成?といったくらいでしょうか。

と言いましても、すでに9月で残すところ3ヶ月半程度です!!?

早いものですね。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【完成】ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その11 [FF7]

バンダイのLIMITED MODEL エアリスがようやく完成しました!

チマチマと作っていたので、とても時間が掛かりましたが、社会人の趣味ですからこんなものでしょう。

IMG_2719 (2).JPG

アップです。

顔は昨日のブログで塗装完了までを乗せていましたが、組み立てる達成感があります。


IMG_2728.JPG

全身の正面から。

ベースはキットにも付属しますが、せっかくなので木製ベースに載せ替えました。

このキットはベース無しでも自立可能ですが、若干後ろにウェイトが掛かり気味ですので、固定してあげたほうがベターです。

軽いので左足だけに真鍮線を通しています。


IMG_2720.JPG

目線の変更をしていますので、目線を合わせるとこの角度くらいですね。

キットは素立ちで、改造のベース用の意味合いが大きいので、ほんの少しだけ角度を変更してあげるだけで動きがでた感じがします。


IMG_2721.JPG

スカートの中を含めて、きっちり作り込んでありますので、かなり自己満足ですがスリットの隙間から見える足を含めた情報量が増えたと思い(こんで)います。


IMG_2722.JPG

手に持ったロッドは、当初黒鉄色一色をべた塗りしましたが、あまりに凹凸感が無くなってしまったため、黒鉄色はすこ~し残した感じで、シルバーを吹きました。


IMG_2723.JPG

斜め後ろ。

袖と手首のシルバー、金色部分だけは光沢を残して、他はつや消しであっさりと仕上げました。

瞳はクリアーで光沢を戻そうかと思いましたがそのままにしています。


IMG_2724.JPG

真後ろから。スカートにモールディングされたお尻の形状が金型のこだわりを感じさせます。

全体的に、かなりモールドには気合いが入ったキットで20年以上前とは思えない箇所です。

今のフィギュアライズバストシリーズにも通じるものがあります。

髪の毛は後ろから見ないと分かりませんが、かなりうねりがあります。

キットではうねりもキレイにできていますが、一応全て彫り直して、メリハリを強調しています。

こうしてみますと、リボンを最後に塗り忘れていたので、筆塗りで適当にしておこうと思いましたが、思いとどまり、ちゃんとマスキングの上エアブラシで塗っておいて良かった、と思います。案外目立ちます。


IMG_2725.JPG

ロッドを握る指などもモールドを彫り直しし、エナメルのフレッシュ+クリアーレッドで作った色でスミイレしています。

女の子フィギュアですので、清潔感あるスミイレとしました。


IMG_2726.JPG

胸とお腹の間、上着での隙間、もやはり彫り直してメリハリを付けています。

説明書表のイラストと比較しても、かなり忠実なできでしたので、彫り直しだけで十分でしょう。

この角度から見ると、(比較しなければ分からないと思いますが)上着との隙間がキチンと出ていて、やって良かった工作です。


IMG_2727.JPG

スカートの翻った部分は指でゆっくり曲げて、翻りを大きくしています。

正面からキット素組みと比較しないと分からないレベルですが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

スカートのピンクは指定のピンクではあまりにおもちゃっぽい感じになりますので、色の素を加えて2段階のピンクを濃淡付けしながら吹いています。

スカートの裾は、ゲーム中のCGやイラストでもこんな感じで暗いピンクですので再現してみました。

ブーツも2色で濃淡を強めにした後、スミイレでダークブラウンを残し気味にふき取り残しを多めにしています。


最後に素組みとの比較をしてみます。

といっても説明書サンプル比較です。

・説明書

IMG_2682.JPG

・完成品

IMG_2719.JPG

変更点をまとめます。

・頭部の目線変更と取りつけ角度若干の調整

・もみあげ(?)パーツの角度変更

・腕の付け根部分を若干の角度変更

・上半身と下半身の接続部分で角度変更

・スカート裾のめくれ強調

・全身の彫り直し

と以上でした。


首と胴体の接続が思ったよりも隙間が残ってしまったことは調整不足でした。

ただデザイン上、あまり気にならないのでそのままとしています。

また、もう少し頬を削り込んで、顔のラインを修正した方が良かったかもしれません。

ちなみに、大きさは14cm程度。HGUCのガンダムやザク同じくらいですので、1/12くらいだと思います。

作ってみると、思った以上に造形も良くて満足度の高いキットでした。


以上、エアリス完成です。

いずれクラウドも作らないといけませんね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その10 [FF7]

台風がきていますが、模型作製には涼しくなって過ごしやすい気候になりました。

贅沢をいえば、雨が降っているので湿度が少し気になるくらいでしょうか。


湿度にとらわれない作業として、本日は前回の続きのエアリスの顔の塗装を進めました。

先日までで瞳の周りを含めた線入れを終えていますので、本日はその先である瞳の輪郭からです。

IMG_2641.JPG

まず、目線をどうするか?を毎回悩みます。

今回、付属デカールではなく手書きで瞳を描くことにしましたので、差別化の意味合いと、大きなポーズ変更はしなかったものの、少しポージング変更をしていたこともあって、左に視線を流してみることにします。

瞳の大きさはパッケージのCG画像、イラストを参考に描きいれました。

黒目は目線の確認も含めて先に入れます。形と大きさはまだ適当ですが、こんな感じでしょう。

ここまでできると、ほぼ終えた感じです!


次は、輪郭の中に瞳の色を入れます。

エアリスは緑~青緑の瞳ですので、エナメルカラーのパークグリーン、クリアグリーン、クリアブルーを4段階くらいに混ぜながら、それとなくグラデーションが入るように描き込みました。

IMG_2647.JPG

一気にできた感じがします。

色を入れた後に、瞳孔の大きさと形を整え、エナメルのホワイトをチョン、と乗せてハイライトの描き込みました。

これで目はほとんど完成です。


さらに続けます。

IMG_2649.JPG

上記写真との差は口紅の描き込みです。

エナメルのクリアレッド、ホワイト、の2色を適当に混色しています。

CGだと無機質な感じの口元ですが、パッケージにある完成見本とイラストを参考に少し口角をあげる感じにしてみました。

瞳、口紅はいつも上手く塗れなくて、どうしても雑になりがちです。

数をこなすしかないですが、練習あるのみですね。


さて、ここまでで顔はほぼ塗装が完了しました。

一度前髪を付けて、雰囲気をみてみようと思います。

IMG_2650.JPG

と、こんな感じです!

20年以上昔のプラモデルであるにも関わらず、特徴を捉えつつ、ゲーム中のCGイメージとイラストイメージを上手に織り交ぜたこの顔の造形は凄いと思います。


今回の写真は全てテカテカです。

これは、前回作業でまつ毛などのエナメル塗装を保護するために、セーブと称して光沢のスーパークリアーを吹いているためです。

残す作業は、このつやの調整、その後頬にチーク入れ、です。

その後、全体へのスミイレ、組み立て、となりますので、この週末で完成できるかも!




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その9 [FF7]

とってもスローペースですが、エアリスの作製を進めています。

ここまでで基本塗装、細部の塗装もほぼ終えました。

ブログには書けていませんが、胴体部分はネックレス(?)の塗り分けなどを含めて完了しています。

残すは顔の塗装と仕上げのみ。


瞳は筆で書き込むことにしていますので、本日は目の周辺塗装をしました。

IMG_2640.JPG

写真は眉毛、瞼、まつ毛などの目の周辺だけを塗っています。

先に白眼をラッカーの白で塗っています。

そのため、修正が効くように本日の目周辺塗装は全てタミヤのエナメルです。

レッドブラウン+フラットブラックを1:1くらいで混ぜて使っています。


塗っては修正の繰り返しで、これだけ塗るのに1時間程度も掛かっています・・・


本日は一旦ここまでとし、明日の作業をスムーズに進めるために、光沢のスーパークリアー(缶)で全面をコーティングしてセーブしました。

続きの瞳の描き込みもエナメルですが、ラッカー系で保護することで、ここまでのエナメル塗装を保護しておきます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その8 [FF7]

昨夜遅くに塗装して、ブログ更新をなんとかしましたが、本日はその続きでマスキングを剥がしてみました。

身体パーツでは、首周りの肌色をマスキングしてドレスのピンク→上着部分を残してマスキングして上着の赤、という順番でマスキングしつつ塗装したため、ようやく全貌が見えました。


IMG_2634.JPG

これで一通りのパーツのエアブラシ塗装ができました!

昨日ブログに書いたように、下半身パーツは一応下着を塗り分けてみました。

もちろん、組み立ててしまえば下から覗いてもまず見えないのですげ・・・・

ですけど、模型ってこういう見えないこだわりも重要ですよね。

なんだか塗っておかないと、見えないけれど納得できない感じがしますし。


せっかくなので、簡単に組み立ててみました。

IMG_2637.JPG

ライトがあたり過ぎで色が飛んでいますが、こんな感じです!

まだ顔パーツでは、髪の毛と肌の境界線が修正要だったりしますので、各所の修正を筆でチマチマと行えば基本塗装が終わります。

後は、瞳を書き込んで(デカールもありますが、20年以上前のものですし、せっかくなので描いた方が作った感があると思っています)、全身のスミイレや仕上げをすれば完成できそうです。

9月はエアリス完成までは辿りつけそうです!


・・・と、ここで髪の先を束ねるピンクのリボン(?)部分が完全に塗装を忘れていることに気づきました[たらーっ(汗)]

面倒ですが、髪の毛をマスキングしてピンクだけ塗装です・・・

組み立て、塗装を時間を空けてしまうと、キャラクターの特徴というかポイントを忘れてしまって、こういった細部の塗り分け漏れがよく起こります・・・反省。


続きはあと少しですが、週末は用事があるのでちょっと先になりそうなのが残念。

とりあえずは、平日夜に時間を作って進めたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファイナルファンタジーⅦ LM エアリスゲインズブール その7 [FF7]

暑かった8月も終わってしまえば早かったような気がします。

8月は暑さで手が進まず、イカばかりやっていたので手が進まず、でした。

この反省を9月に活かすべく、平日でも普通にエアブラシ塗装をやりました。

8月末にエアリスの基本塗装を7割ほど終わっていましたので、残りの上着の赤部分、腕や袖口のシルバー、ゴールド部分の塗装です。

ついでに、下半身の下着モールドが有ったので、一応塗り分けました。

見えなくなるところまでモールディングされている点は、うる星やつらキットから続いている伝統、

ということで完成後には完全に見えませんが一応です。

写真では撮りませんでしたが・・・


IMG_2623.JPG

写真は上着の赤部分も塗り終わって、マスキングしたところにシルバーを塗った状態です。

背景が汚いですが、塗装ブースなのでどこでもこんなものでしょう。ご容赦ください。

シルバーを塗ったところで、せっかくエアブラシにシルバーを入れたのに、たったこれだけしか塗らないのではもったいないですよね・・との発想から手短に塗装できるシルバー塗装待ちを探したところ・・・・


サクラ大戦のアイリス付属のミニ光武を発見!

アイリス機は黄色~金色のような色合いですので、下地シルバーのゴールド塗装で行くことにします。

IMG_2620.JPG

サクッと塗ってみました。

おまけ光武ですが、塗ると案外良い感じかも。


IMG_2631.JPG

続けて、クリアーイエローによるゴールド塗装をしました。

とてもべたですが、光武にはこれくらいの色あいで良いのではないかと思います。

パーツも少ないので、あまり細かな点にはこだわらずおおらかな気持ちで塗っています!


本題のエアリスも塗ります。

IMG_2625.JPG

エアリスの場合、ゴールド塗装は手首のブレスレット?だけですので、光武もセットで塗って正解です。

エアブラシの一番大変なところは、塗装後の洗浄だと思っていますので、一度色を充填したらできるだけ一度に多くを塗りたいと思っています。


とここまでで平日夜に1時間作業する、というスケジュールでは時間切れです。

マスキングを剥がすのはまた明日。


今日はここまでです。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ