So-net無料ブログ作成

HGUC 1/144 ムーンガンダム その3 [HGUC]

10月も最終日になってしまいましたが、今月は完成品が無かったような気がします・・・

少しスプラ2をやりすぎていたようで、模型がおろそかになってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]


さて、ムーンガンダムのパーツ整形が一通りできました。

細かな部分をいじりだすと完成しそうにありませんので、前回の最後でガンダムマーカーエアブラシシステムで塗装したことをきっかけに、塗装に移ることにしました。


前回記事の通り、ムーンガンダムの赤と黄色をガンダムマーカーで塗ってみましたが、これはトリコロールカラーのガンダムに仕上げるためです。

が、しかし、10/25発売のガンダムエースではムーンガンダム初戦闘といった内容でしたが、同時にカラーページに「バルギル(ガンダムヘッド&サイコプレート搭載型)」のカラーイラストが掲載されているではありませんか[exclamation×2]

ムーンガンダムの色をどうしようかな・・・と色々考えていましたが、やはり初めてなので素直にキット指定色で丁寧に塗ってみようと思っていたももの、でも何か物足りない・・・と考えていた私にはナイスなイラストです。

このイラスト、バルギルカラーのムーンガンダムを再現しようと思います。

第1話でティターンズカラーのようなイラストもあったので、ティターンズカラーも考えましたが、カラーイラストなども無かったので、イメージとしてピンときませんでした。

ですが、今回は公式設定がでましたので、これは再現したいところです。



DSC02572.JPG

ということで、方針が決まったので、パーツ仕分けを改めて行って、写真ではグレー部分と黒っぽい部分を塗ってみました。

腹部は通常は赤色で、前回記事の通りガンダムマーカーで赤く塗っていました。

でも、バルギルカラーではここは黒っぽい色です。

そのため、ガンダムマーカー赤の上から黒(といっても今回はジャーマングレー使用)を塗ってみましたが・・・

DSC02573.JPG

まだらになってなんだか汚くなってしまいました[たらーっ(汗)]

これでも薄く4回くらいエアブラシでジャーマングレーを吹いたのですが、なんだか赤色が上に塗られたジャーマングレーをはじいているように見えます。

これはもう色を全て剥がして塗り直ししなければ、キレイにはなりそうもありません。

これまで部分的に色を剥がす場合は、瓶入りのMr.ペインリムーバーを使ってましたが、パーツを丸ごと塗膜剥がしをしたい&複数パーツある、という状況ですのでMr.ペイントリムーバーでは厳しそうです。


そこで、お店に行ってタミヤのペイントリムーバーを買ってきました[るんるん]

DSC02576.JPG


250ml入りで864円。

安くはないですが、仕方ありません・・・(Amazonの方が安かったようですが)

写真右下の8パーツがガンダムマーカーで塗っていたパーツです。

この8パーツの塗装を全て剥がしたいと思います。


DSC02578.JPG

ペイントリムーバーを塗る、のは難しそうですので、ガラス瓶(ジャムが入っていた手頃なものが台所にありましたので、これを流用)にペイントリムーバーを適量入れ、パーツを8個ともドボンします!

瓶をゆするとドンドン色が剥がれてきました。

10分ほど漬け置きし、パーツをピンセットでつまんで歯ブラシにもペイントリムーバーを付けた状態でこすると、キレイさっぱり色が落ちました[るんるん]

パーツが溶ける、劣化する、といったこともありませんでした。

今までやったことがなかったですが、今後はこういった場合には、このタミヤのペイントリムーバーで色を剥がせば良いことが判明しました。

DSC02586.JPG

ちなみに最終的に瓶の中身はこんな色になりましたが、溶剤としてはまだ再利用価値があるので、このまま保存したいと思います。

DSC02584.JPG

8つのパーツは水でも洗ってこんな感じに復活です[パンチ]

良かった良かった・・・・


さて、サイコプレートパーツをシンナーで溶かしてしまい、と前回記事でも書いていましたが、パーツ請求していたパーツがバンダイさんからようやく届きました[るんるん]

ようやく、と書きましたが想定通り1週間くらいだったと思います。

DSC02589.JPG

1パーツ(40円)のために、送料120円ではあるものの、こんな丁寧な箱に入って届きました。

DSC02587.JPG

中身もこのように上部が送られてきたパーツ。

下が溶かしてしまったパーツです。

分かりにくいですが、右の四角い部分がぐにゃっとなってしまっています[あせあせ(飛び散る汗)]

相変わらずバンダイさんの対応は丁寧です。


と、色々ありましたが、バルギルカラーのムーンガンダムにする方針で塗っていますが、顔だけは上記のペイントリムーバーで色を落としたパーツを組みこめば、暫定としてティターンズカラーのムーンガンダムが!

DSC02590.JPG

・・・ここで気づきました。

顔パーツの口の部分が白いままでした[たらーっ(汗)]

塗り忘れですので、明日にでも塗ってあげようと思います。


DSC02591.JPG

漫画の中、ガンダムヘッドだけがムーンムーンコロニーに漂着し、この写真ようなカットがあったと思います。

そのシーンを再現ですね[るんるん]


説明を飛ばしてましたが、ムーンガンダムとは、ティターンズのガンダムヘッドとサイコプレートがムーンムーンコロニーに漂着し、主人公ユッタのいる集落(?)が保管していたところに、サザビーの原型であるバルギルの頭をこのガンダムヘッドに挿げ替えたものが、ムーンガンダムとなる、という設定です。

そのため、ムーンガンダム初回起動時には、色はまだ頭=ティターンズカラー、身体=バルギルカラー(紫)という色になっていますので、これはこれで公式のムーンガンダム初期カラーです。






nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電脳戦機バーチャロン 1/144 テムジン その3 [バーチャロン]

バーチャロンのテムジンの続きです。

記事にするのをうっかり忘れていましたが、前回の記事で穴埋めに使っていた光硬化パテは全く使い物になりませんでした[たらーっ(汗)]

高かったのに・・・


使い物にならない、というと言いすぎかもしれませんが、私が想定していたような結果になってくれなかった、という意味です。

前回の写真でもあった通り、隙間やエッジの修復にパテ盛りをし、ヤスリ掛けして隙間埋めやエッジをキチンと出したかったのですが、光硬化パテの使い方が悪いのか、食いつきが良くなく、ヤスリ掛けするとポロっと剥がれてしまいました。

しかもほぼ全ての箇所でです。

指で触ると硬化しているように思えますが、芯の部分が硬化しきっていなかったのかもしれません。

それでも、光に当てて数日寝かしていたのですけどね・・・

光硬化パテは使い方を少し調べて、また別用途で使いかたいと思います。


結局パテ埋めしたかった箇所は、ポリパテを使う事で解決しました。

やはり慣れた素材が一番なのかもしれませんね。

ポリパテを盛って削り、盛って削りを2~3回行って、ようやく傷や形状修復ができました。


肩パーツの後ハメ化+形状修復も終え、サーフェイサーを吹きました。

DSC02570.JPG

写真はグレーとホワイトサフで使い分けしています。

ポリパテを使ったパーツだけ、プラの成型色との差異を埋め合わせるために、サーフェイサーを吹いて均質化しています。

本来、このサーフェイサーの後にもう一度ヤスリ掛けすべきですが、今回は色塗りを急ぎたい事情から、ちょっと横着しています[あせあせ(飛び散る汗)]


DSC02582.JPG

いきなりほぼ全パーツの色塗りができた写真です!

と、ここでお気づきの方はこの色から何をしたいのかが分かって頂けるかと思いますが、テムジンの標準カラーではありきたりかと思いましたので、アレンジしてみました。

色塗りをいそぐ理由は、実はムーンガンダムの塗装と並行させて塗装工程を簡略化しようとしているためです。


ムーンガンダムは別途記事でまとめますが、テムジンもこれでベースカラーはできましたので、細部の塗り分けと仕上げに掛かってまいります。


今更ながら、このテムジンは色分けがよくできています。

上記写真の通り、思った以上に塗り分けをパーツ単位で完結できてしまうため、色アレンジが楽ちんです。

この週末で完成はちょっと難しそうですが、1~2週間以内で完成できそうかも??

といった状態です。






nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DOA レイファン(黒ボンテージチャイナ) その5 [DOA]

DOAのレイファンの続きとなります。

すでに整形処理は終えていますので、塗装段階に入っていますが、そこからのモチベーション維持が難しく、進まない進まない[あせあせ(飛び散る汗)]

肌色塗装が終わったところまで、前回記事にしていました。

そこから、髪の毛の塗装、ストッキング、の塗装を行ったところまでが今回の進捗です。

写真はストッキングの塗装中の状態です。

広い面積のマスキングはティッシュをマスキングテープで貼り込んでカバーです。

DSC02562.JPG

今まで塗装で止まっていた理由が、このストッキングの色合いを決めかねていたためです。

ストッキング、と一言で言っても様々な色、質感があることを今回色を決めるにあたり観察、考察して気づきました[あせあせ(飛び散る汗)]

と、こんなことを書いていると何の記事だか分からない感じですが・・・

レイファンの黒ボンテージと合わせたストッキングは、こげ茶色のイメージかな?と判断したものの、このこげ茶色のストッキングを塗装でどう表現するかで悩みました。

サイトなども見て回りましたが、あまりズバリこうやって塗る!という記事が無く、本でも完成品がさらっと掲載されていますが、どうやって表現しているかが謎でした。


色々と試したところ、自分の中で一つの答えとして、クリアーカラーの重ね塗り、で解決しました。

具体的に使った色は、Mr.クリアカラーのGX109:クリアブラウン、とGX101:クリアブラック、の2色です。

クリアブラウン:クリアブラック=2:1

くらいの比率でストッキングのメインを塗り、上部の折り返しのような濃い部分は1:2の比率で黒っぽいクリアぶらんを作って塗り分けています。


ということで塗り分けた結果をボディに取り付けて、状態の確認です。

DSC02565.JPG

自分では満足の結果です[るんるん]

濃淡はクリアカラーの特製を活かし、肌色が透ける箇所、濃くなる個所を吹きつける濃度でコントロールしています。

両脚でバランスが崩れない様に、比較しながら少しずつ塗っていきました。

今回、塗装を終えてから改めてストッキングの濃淡を考察したところ、やや間違っていることい跡で気づきましたが、模型のイメージとしてはこの写真の状態でも悪くないので、良いことにしました[あせあせ(飛び散る汗)]

間違っているところ、というのはストッキングの濃い部分は肌から離れているところ、薄い(=肌の色が見える)ところは肌が接しているところ、ということです。

その理屈からすると、太もも、膝がしら、ブーツとの境界線部分、が肌に密着しているので薄くなるはずであり、膝がしらの下、ふくらはぎから足首に至る箇所が濃くなるはずです。

そういった考証がやや甘い結果になっていますが、次回以降にストッキングを塗装する際に今回の学習結果は反映させたいと思います。

バニーガールラム、バニーガールしのぶ、といったうる星やつらのガレキでストッキング塗装がありますしね。


DSC02567.JPG

髪の毛を塗装したので、顔に乗せて様子見。

問題なさそうですので、アイペイントに入りたいと思います。

次は、アイペインとブーツや手袋、そして本体のボンテージ部分の塗装を行おうと思います。






nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HGUC 1/144 ムーンガンダム その2 [HGUC]

先月のガンダムエースでようやく姿を現した、ムーンガンダムの続きです。

ここまでの期間、何をしていたかというと主にパーツのヤスリ掛け、ゲート処理、スジの彫り直しです。

このキット、規格はHGUCですが、パーツ数や内容はHGUC以上、RG未満といった仕様です。

そのため、パーツ数の多さは一昔前のHGUCの2キット分ほどもあるボリュームです。


日々、コツコツとゲート処理とスジの彫り直しをしましたが、背中の8つもあるサイコプレートの処理は苦行に近く、ひたすら大変でした。

こういった同じ(ような)パーツを複数仕上げる、という作業は苦手です[あせあせ(飛び散る汗)]


ようやく最低限の処理が終わったので、中性洗剤で洗浄し、埃や削りかすを洗い落としました。

DSC02556.JPG

洗浄したパーツをよく乾かし、6つのタッパー(100均で3つで100円)に仕分けます。

この際、塗装を想定し、塗り分ける色で分けています。

左下のタッパーはその他細かな塗り分けや少数しかないパーツです。

関節などのグレーパーツが多いことが分かりますが、脚部などはフレームが入っているため、MGクラスの構成になっています。

また、グレーパーツをグレー一色、というのも単調かと思いましたので、一部のパーツは黒鉄色などにして、変化を持たせようとタッパーを分けています。


他、半透明の赤色パーツで再現されているサイコプレートですが、作業中に誤ってシンナーを付けてしまったようで、1パーツがとろけてしまいました・・・[たらーっ(汗)]

グミのように柔らかくなり、変形してしまったので、今バンダイさんにパーツ請求中です。

・・ということがあったのもあり、ムーンガンダムの作業は止まっていました。


一通り分けてみて、赤や黄色は少ないため、わざわざエアブラシで塗るのも面倒だなぁ、と思ったところで、少し前に購入していたガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってみようと思いつきました。


DSC02558.JPG

ガンダムマーカーをセットした状態です。

マーカーを差し込むだけ。

ちなみに、私はコンプレッサーとしてクレオスのL7を使っているので、このエアブラシシステムは付属のエア缶ではなく、L7に繋いで仕様しています。

以前にテストで吹いた時は、割と使いやすいと思いましたが、今回はやたらツブツブが吹きつけられてしまいました。

ガンダムマーカーも5年?くらい前に購入したような古いものを使わずに放置していたものを使ったから、インクが劣化でもしていたのか?それともあまり良く見ていなかったのですが、エア圧が低すぎたりしたのかもしれませんが・・・

今後の課題です。

次はもう少しエア圧を高めにしてみようと思います。

以前にテストしたときは1.2くらいで良い感じでしたが、今回は見ていませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]


で、赤と黄色パーツだけをガンダムマーカーで吹いてみました。

DSC02559.JPG

ツブツブになってしまったりしたので、それをごまかすために厚吹きをし過ぎたのかもしれません。

最終的には普通に塗れていますが、赤は真っ赤だし、黄色も鮮やか過ぎる黄色、というのはちょっとどうしたものかと悩みます。

一度ペイントリムーバーで落として、普通のエアブラシで塗り直しが良いのか、このままツヤだけ落とせば、案外良くなって見えるのか・・・悩みどころです。





nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ツクダホビー うる星やつら 1/12 マジシャンラム その3 [うる星やつら]

ツクダホビーのマジシャンラムの続きです。

前回、全体にサーフェイサー吹きをしていますが、胸と太もものポリパテ盛りをした箇所とキット面との凹凸が激しいので、盛ったり削ったりのフェーズに入りました。


改造箇所を削ったり・・・盛りつけたり・・・

ここから終わりの無い戦いに入ります[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC02527.JPG

主に改造箇所をヤスリ掛けしていますが、全体的に表面のざらつきやパーティングライン周辺をヤスリ掛けしなおしていますので、サフ吹きは全体に改めて行いました。


肌色は下地がグレーサフだと暗くなるので、この段階から白色の下地を作っていきます。

DSC02540.JPG

顔と髪の毛だけはとりあえず、タミヤのホワイトサフにしておきました。

ツノはまだ作り直そうと思っていますが、一旦全体の雰囲気を捉えるために、下地は整えていきます。


全体をサーフェイサーでコーティングしてしまえば、ツクダホビーの謎素材もなんとかなってくれるのですが、ここに至るまでが大変でした。


この段階でサフ吹きしたキットを組み立てて、モチベーション維持をしたいt思います[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC02544.JPG

胸と身体の境界線などにまだ凹凸が目立ちます。

服のモールドを入れ直す必要もありますので、まだ先は長そう・・・

ぼちぼち進めてまいります。






nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電脳戦機バーチャロン 1/144 テムジン その2 [バーチャロン]

バーチャロンから、1/144のWAVE製テムジンの続きです。


古いキットですので、全体的にモールドが甘め?

合わせ目も中央にばっちり入っていますので、合わせ目を消す作業が多く、それなりに手間が掛かります。

一方で、細かな事を言わなければ、再現度は高く、プロポーションも良好だと思います。

バーチャロンはそこまで細かくデザインを租借していませんので、あまりこだわりなく作ってしまえそうですが、唯一きになったのが肩の上部の面構成です。

下の写真の赤マルの部分。

DSC02507.JPG

ここは丸のすぐ上の形状が軸の部分までつながっているはず。

断面は三角になっている箇所ですので、イメージと違っています。

この肩パーツは後ハメの工作の影響で、前回の記事でも分解していましたが、分解ついでにこのラインも変更です。

DSC02516.JPG

写真の左が修正後、右がキットのままの形状です。

こだわるならば・・・という程度ですが、手間でもここは直します。

写真での通り、左のように断面が三角になるようにした場合、削り込む必要がありますので、事前にポリパテで裏打ちし、その上でプラパーツをデザインナイフで大まかに削って、金属ヤスリなどで形をだしていきました。


他、合わせ目を消したところ、微妙に抉れていたり、段差が機になったり、押し出しピン跡が機になったり、といったパーツが幾つかあったので、それぞれポリパテや光硬化パテで穴埋めをしました。

DSC02524.JPG

写真の黄色部分がポリパテまたは光硬化パテです。

光硬化パテは今回初めて使ってみましたが、確かに部屋のLED照明でも数分で硬化します。

あまり多く出してしまうと、作業をしている最中に多めに出した光硬化パテがどんどん固まってしまいます。

そのため、光硬化パテはちびちびと最小限を絞り出して、速やかに盛り付ける、という感じで、手早い作業が要求されますね。

合わせ目消しも一通り終わりそうなので、パテ埋め箇所だけ処理できれば、一通りのパーツ処理が終わりそうです。

今度の週末あたりで、サフ吹きくらいはしたいと思います。






nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kanon 1/8 沢渡 真琴 その2 [Kanon]

思い出したようにつくりかけのキットを次々といじっていますが、沢渡真琴の続きです。

いつものごとく、前回との間が空いてしまっていますが、作業をしたりしなかったり・・・

ブログの記事にしようと思えば、それなりの進捗が無いと書きにくいんですよね。


前回は過去からの仕掛品を軸打ちまでしたもので、一回目としていました。

それ以降、全身のスジ彫りを彫り直し、段差や境界線を彫り込み直して、表面を磨いています。

いつも、神ヤスリが多いのですが、今回はタミヤの紙ヤスリも併用しています。

だいたいですが、#240>#400>#600までです。

サフ吹きをしていくことを考えると、#600もあれば十分表面は均質化します。

それにサフの食いつきも良くなるので、あまり細かな目でヤスる必要は無いと思っています。


さて、今回全身を磨こうと、箱にしまっていたキットをだしていて気付きましたが、なんと左手の人差し指が折れているではありませんか[たらーっ(汗)]

DSC02504.JPG

実は前回のブログの写真でもすでに折れていたのですが、全く気付いていませんでした。

箱のスミになんの破片かな~~、と思っていると指でした[バッド(下向き矢印)]

箱の中でぶつかったりして破損したのでしょう。

仕方が無いので、指と手に0.5mmの穴を開け、0.5mmの真鍮線で接合。

接着は瞬間接着剤を使い、隙間埋めを含め、整形にガイアノーツの瞬間クリアパテRを使って復元しました。


こうった修復も必要だったので、サフ吹きしてみることにしました。

DSC02530.JPG

全身パーツはこれで全てです。

写真左手が白サフにする予定、右側がグレーサフなどの予定、と分けています。


DSC02536.JPG

で、サフ吹きをしてみました。

スカートは黒っぽいので、このタイミングで黒サフを吹きました。

肌や服などはタミヤの白サフ、他はタミヤのグレーサフです。

今回は様子見の意味合いが強いので3回ほどうっすらと吹きました。


実際に吹いてみると気付けますが、細かな気泡や傷が見えてきました。

そのため、もう一度全身をヤスリ掛けして、サフ吹きはやり直しです。

だいたいガレキの場合は、3回前後のヤスリ掛け~サフ吹きのリピートです。

今回の沢渡真琴は比較的成型が良いので、上手くいけば次で最終サフ吹きにできるかもしれません。


せっかくなので、全身を組み上げてみました。

DSC02553.JPG

サフの色ですが、色の配色がイメージできるだけで、なんだか完成に近づいた気がします[ぴかぴか(新しい)]

指が折れた箇所もほぼわからないくなってくれました。

気泡処理を行っていきたいと思います。


DSC02549.JPG

後ろから。

今回はかばんも付けました。

軸打ちもほぼ問題なくできていますので、このまま表面処理だけ行えば完成できそうです。


色々と手を付けていますが、秋になって気候の良い(湿度が低い、というところがポイントです)ことですし、この10月で何体か完成させたいです。






nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FRB 初音ミク  その1 [フィギュアライズバスト]

色々と手を付けていますが、フィギュアライズバストシリーズの初音ミクを組み立ててみました。

DSC02454.JPG

フィギュアライズバストシリーズは、以前にフミナやマクロスΔのワルキューレ5人組も完成させていますが、初音ミクもサクッと完成させたいなぁ、と思います。

ちなみに、初音ミクはプレバン限定品で色違い、ポーズ違いが出ています。

(正確にはポーズ違いの発送はもう少し先ではありますが。)


今夏に全身のフミナが出て以降、~バスト、のシリーズは出ていないですね。

最近では、ダイバーナミがこのシリーズとして出ていますが、上半身だけ、というキットは最近新作情報がありませんので、一区切りなのでしょうか・・・


DSC02440.JPG

さて、横からです。

前に伸ばした左手や髪の毛のボリュームがあり、素組みでシール無しの状態ですが見栄えがします。

細かな塗り分けだけでも良いのかもしれませんが、モデラーとしては髪の毛の合わせ目などを無視できません[あせあせ(飛び散る汗)]

こういった細部だけでも、キチンと仕上げれば十分なキットだと思います。


DSC02442.JPG

後ろから。

後頭部を見なければ分かりませんが、おくれ毛まで再現されています。

全体として、接着不要で組みあがりますが、全塗装を前提とすると、接着した方が良い箇所は

・おさげになった二束の髪の毛

・指先と手のひらの接合部分

くらいで良さそうです。

胴体は前後でモナカになる構成ですが、服の縫い目のように処理されますので、接着なしでもあまり違和感なさそうです。


DSC02445.JPG

髪の毛がとにかくボリューミー。

でも、美雲さんの時のような巨大さは無いのはツインテールで空間があるからなんでしょうね。


DSC02449.JPG

真上から。

空間の構成が分かります。

流れるような髪の毛の処理が素晴らしいです。


DSC02450.JPG

それほど初音ミクは詳しくありませんが、そもそもがPCソフトのキャラクターなだけに、その表現は自由度が高い(本物が無い)と思っていますので、塗装も自由にやってみようかと思います。

といいつつ、ベーシックに仕上げてしまいそうですが・・・


DSC02452.JPG

ちなみに瞳は顔パーツに一体成型されています。

塗装派としては、これまでのFRBシリーズの構成(瞳と顔は別パーツ)の方が楽ちんだったのですが・・・時流でしょうか。

バンダイさんの技術的にはどちらでも同じのように思えますが、組みこむひと手間が面倒というユーザーが多いのかもしれませんね。




nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

電脳戦機バーチャロン 1/144 テムジン その1 [バーチャロン]

部屋の整理をしていると、20年ほど前に発売されたWAVEの1/144のバーチャロンシリーズキット「テムジン」が発掘されました。

”電脳戦機バーチャロン”は1995年にアーケードに登場した、ツインスティックで捜査する、当時の流行りものであった対戦格闘を仮想のロボットで行う、という斬新なゲームでした。

独特の操作に慣れるのも大変でしたが、当時としては破格に美しくリアルな映像は衝撃でした。


その主人公機であるテムジンのキットは、複数メーカーから出ましたが、このWAVEの1/144シリーズは最初期のものだったと思います。

DSC02503.JPG

当時定価で600円。

大きさは1/144シリーズのガンプラと同じか少し小さいくらいです。

色分けはクリアパーツもあって、5色と多めで、600円という安価でこれだけの色分けをしていたことは凄いです。

プロポーションも良く、今見てもなかなか良くできています。


当時、とりあえずパチ組みしてみて、本体ができたところで武器やランドセルは途中で面倒くさく([exclamation&question])なって放置していました[あせあせ(飛び散る汗)]


そのキットを引っ張り出してしまいました。

模型工作環境の充実した今だからこそ、決着を付けようと思います。

DSC02496.JPG

放置していた武器も組立て全身像です。

プロポーションバランスも昔のキットですが、特に言う事は無いのではないでしょうか。

細かな点では修正が必要かもしれませんが、手を出すと泥沼になる箇所もあるので、どうしたものか・・・


少なくとも、後ハメ加工は行って、塗装しやすくしていきたいと思います。

DSC02497.JPG

武器を外してやや斜め側面。

クリアパーツなど、一部のパーツは工程の都合上嵌めていません。


DSC02499.JPG

ランドセルも付けていませんが、背中にはキチンとサターンが付きます。


DSC02500.JPG

全身の接着が必要なパーツは全て接着済みで、一部はすでに合わせ目を消しています。

設計は古いので、中央でのモナカ割が多いのですが、このテムジンはシンプルなデザインなので、合わせ目を消してもモールドに影響ある箇所は少なく組み立てやすいです。


DSC02490.JPG

脚部は接着しても、膝周りが後ハメできる設計です。

一方、腕は肩~肘にかけて、一旦挟みこんだら外せない構造のため、パーツを交換したりばらしたりします。

写真はひじ関節をガンプラのPC-111の余りパーツ(写真右下の赤マル)に交換しました。

これで二の腕の中に3mm径の穴をあけて、軸を太らせることで後ハメというか、ガンプラのような構成にできます。

ちなみにこのポリパーツ交換で肘の関節が気になってきますので、クリアランスを削って確保の上、WAVEのポリパーツ隠しのオプションパーツを取りつける予定です。


次に、肩パーツもハメ殺しになるので、後ハメ化+形状の正常化をしたいと思います。

DSC02492.JPG

写真の左がキットのまま。

右の下の赤マルがパーツをノコギリ(刃が0.1mm厚の職人気質のノコギリ)で分断したものです。

分断ラインをデザインを見ながら決めて、丁寧に切り離します。

最初のテムジンの写真は、すでにこの肩パーツの加工済みのものですが、分断ラインさえ適切ならば、違和感なく後ハメ可能です。

最近のガンプラでは良くある分割方式ですね。


と、こういった感じでサクサクと作っていけそうです。

ムーンガンダムも作っていますが、8つもある背中のお月さま(サイコプレート)の処理が面倒ですぐに挫けてしまいます・・・・気長にやってます。






nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミニプラ 巨神ゴーグ その1 [巨神ゴーグ]

度重なる台風が過ぎて、早くも10月です。

週末毎に台風だったおかげで、湿度が高くて塗装ができず、積みプラや仕掛品(ムーンガンダムのスジ彫り彫り直しが大変です・・)を組み立てたり、ヤスリ掛けしたりしているうちに、ブログの更新が停滞していました[あせあせ(飛び散る汗)]


今回は巨神ゴーグ(ジャイアント・ゴーグ)から、食玩カテゴリであるミニプラで今年発売された、ゴーグを組み立ててみました。

ゴーグといえば、放映は1984年と34年前・・・・

なぜ今ゴーグのミニプラが出るのかは謎ですが、80年代ロボットものが大好きな世代の方々にとっては感涙モノですよね!

タカラの1/100は入手困難であれをそれなりの完成度に高めることは、色々な部分を作り直すことになります。

自分の中で、当時の思い出に決着を付けることができるこのようなキットが存在することに対して、素直に感謝したいと思います。

ありがたや、ありがたや・・・


DSC02283.JPG


7月に発売だったので最新キットではないものの、個人的には早めに手を付けたと思います。

キットは食玩なのでスーパーでも販売されるはずですが・・・

ミニプラ初期のザブングル以降、スーパーのお菓子売り場で見かけたことがありません。

ちなみに、ヨドバシなどのある程度大型店舗のプラモデル売り場では売っていますが、すでに食玩である必要性があるのかないのか・・・


DSC02262.JPG

箱です。

この箱はゴーグと敵であるマノンタイプが同梱されているセット販売状態です。

DSC02264.JPG

天面はゴーグの顔です。

ミニプラシリーズの外箱は、いつもこういった感じでキャラを記号化したようなデザインで、これを買おうと思う人にとっては嬉しくなる演出です。


DSC02267.JPG

中には、この2つのキットが入っています。

セットで買えば、ゴーグとマノンタイプが必ずセットですが、店舗のばら売りではゴーグがだいたい売り切れているようでした。

昔、タカラのキットが出たときはマノンタイプが売って無かったような印象があるので、なんだかマノンタイプが売れ残っていると買ってしまいたくなる衝動が・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


パッケージが非常にカッコイイですが、お値段は2個で4,500円ほどと、とてもお菓子とは思えない値段で、ますます食玩である意味を問いたい[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC02270.JPG

中身はこうです。

ちなみに、写真左端の白い四角いものがガム。

これを噛みながら組み立てていけばいいのでしょう。

そういうセットですね。


見ての通りシールの嵐。

全身の黒い線、黄色の線がシールで再現になっています。

キットには当時のタカラキット同様、スジ彫りでモールドもされていますので、塗装再現も可。

私は全塗装予定なので、シールは使わない予定です。


DSC02280.JPG

正面からの写真ですが、1枚目と異なるのは、頭部に主人公の田神悠宇(たがみ ゆう)を乗せています。

サイズ的に、ほぼ1/100なんだと思います。

このあたりも、当時のキットと同じサイズというのは嬉しいポイントです。


プロポーションも見ての通り非常に優秀で、スタイルに関しては特に手を入れる必要なさそうです。


DSC02284.JPG

全体的に曲線が多用されたデザインを破たん無くプラモデル化しており、34年の歳月を感じます。


DSC02285.JPG

後ろです。

スカートの処理、関節の処理、など細部までここ最近の模型業界で培われたノウハウが活かされており、平成の終わりまで待った甲斐がある内容と言えます。

長生きするともっと凄いものが出てきそうですね。


DSC02287.JPG

スネのラインが美しいです。

全身のまとまりも良いので、あえて贅沢を言えば・・・

食玩ではなくHGシリーズなどのフォーマットで出してもらえれば、後世に残る名作となれるのに、と思ってしまいます。


DSC02288.JPG

オプションとして、ゴーグにはこれだけの装備や手首パーツが付属します。

指先の表現力が凄く、どれも丁寧に仕上げてあげれば、表情豊かなゴーグを作れそうです。

ただ、プラスチックの嵌め合わせなどが渋く、手首パーツのはめ込みのきついような気がするので、調整が必要です。


以上、ゴーグでした。

ミニプラとしては、マノンタイプ、も発売されていますので、作っていきたいと思います。

また、プレバン限定ですが、ラブル・ガーディアンまで発売されていますので、合わせて完成品が並べられればいいなぁ、と未来予想をしつつ進めていきたいです。




nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー