So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ

C3AFA TOKYO 2019 その2 [イベント]

2019/8/24~25に千葉県の幕張メッセで開催された、C3AFA TOKYO 2019の2日目(25日)の続きです。

A-IMG_0650.jpg

ガンダムA連載のジョニー・ライデンの帰還からの立体化多数です。


A-IMG_0653(1).jpg

1/20でガンダムキャラクターをメインに、エルガイムのガウ・ハ・レッシィ、ダンバインのマーベルなど。

相変わらずクオリティの高さの、林浩己さんのリアル造形です。

レッシィ、マーベルは欲しいと思いつつ・・・今回は我慢。

A-IMG_0654(1).jpg


硫黄泉のダーティペアのユリ。

かなり今風のアレンジもありつつ、当時のTV版を再現した造形で、大きさもあいまって目立っていました。

A-IMG_0655(1).jpg

こちらも買おうかどうしようか、非常に迷いました。

A-IMG_0657(1).jpg

が、今回は我慢で。

ケイとのセット、または一緒に販売されていたら買っちゃったでしょうね[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0658(1).jpg

こちらも迷ってしまうものばかり・・・目に毒です。

みすまる☆ましいのMS少女など。


A-IMG_0661(1).jpg

こちらも同様にみすまる☆ましい氏です。


A-IMG_0663(1).jpg


A-IMG_0668(1).jpg

レディ・カワグチですね。

大きさといいボリュームといい、何も言う事がありません。

A-IMG_0669(1).jpg

同じディーラーさんでレイコ・ホリンジャー。

鏡が展示されており、後ろ姿も見えるように工夫されていました。

鏡に一般の方が映り込んでいたので、カットしています。


A-IMG_0672(1).jpg

Gガンダムのレインですね。

勇ましいポージングで、筋肉の表現が凄いです。


A-IMG_0674(1).jpg

ザブングルからラグ・ウラロ。

悩ましいところですが・・・今回はちょっと予算オーバーでパスしました。


A-IMG_0676.jpg

エルガイムのリリス、ダンバインのチャム・ファウとドストライクなキットですが、25日の午後ではさすがに完売でした。

残念・・・・


A-IMG_0677.jpg

ガンダムNTのゾルタン、ララァも良いのですが、やはりエル・フィノ・・・がやはり完売です。

こういうのを見ると、24日からくるべきであった、と後悔しますね[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0679.jpg

SILICON-TRIBEさんのエルガイムなどですが、非常に大きなサイズに繊細なモールドで、間近で見るとものすごい迫力です。

A-IMG_0680.jpg


A-IMG_0682.jpg

ちょっとディーラー名控えてませんが、F91とビギナ・ギナはバンダイのMGとRE/100のようですので、ラフレシアの1/100ですね。

右はさりげなく、ノイエ・ジール。

どちらも流石にバンダイからのプラキット化は難しいと思われるものが、販売されているこの状況はすごいものがあります。


A-IMG_0685.jpg

アヤメさんのキットも目立ちました。


A-IMG_0695.jpg

これらはどうやらペーパークラフトのようでしたが、全て1/60という迫力。

どうやったらこんなものが作れるのでしょうか・・・・圧巻です。


A-IMG_0703.jpg

企業ブースとして、ホビージャパンの展示も見てきました。

最新号に掲載の作例群でした。


A-IMG_0710.jpg


と、最後に今回の戦利品。

B-IMG_0630(1).jpg

ダーティーペアのユリ&ケイの1/7で10,000円というリーズナブルさで即決でした!

展示はサフ吹き状態のものでしたが、とても良い感じで一目ぼれです。

B-IMG_0631(1).jpg

これは完成させたいです!


更に、B-IMG_0651.jpg

こちらのガウ・ハ・レッシィもその大きさに目が止まり、一目ぼれです。

単体で12,000円は少し迷いましたが・・・やはり買っておくべきと心が訴えるので素直に従いました[あせあせ(飛び散る汗)]

B-IMG_0652(1).jpg

独特のアレンジも良い塩梅で後期のレッシィにハマっている感じです。

私が仕上げる際は、もう少しTVよりの配色にするかなー、とか考えながら仕上げを妄想しています!



最後にディーラー名アフロさんのマヘリア・メリルの1/8キットも買いました。

IMG_0718.jpg

仕上げでTVよりにしていければ良いなぁ、と思いつつ、そもそもVガンダムのシュラク隊のキットがあること自体に感謝です。

ディーラーさんとも少しお話させていただき、是非シュラク隊コンプリートを!と勝手なお願いをさせてもらいました[わーい(嬉しい顔)]


初めてガレージキットの販売イベントに行きましたので、予算などもあまり考えていなかったため、購入数は控えめでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

12月にあるトレフェスも行ってみたいと思います!






nice!(33)  コメント(0) 

C3AFA TOKYO 2019 その1 [イベント]

先日の2019/8/24~25に千葉県の幕張メッセで開催された、C3AFA TOKYO 2019の2日目(25日)に行ってきました。

つい先日も夏コミなどのイベントも近所であったのですが、人ごみと暑さに耐えられそうに無いと思いスル―していましたが、今回はせっかくの機会ですので、お出かけしてみました。


今回はC3AFAで気になって撮影してきたディーラーさんのガレージキットばかりですが、ご容赦ください。


A-IMG_0612(1).jpg

当日券¥1,000を購入し入場。

入ってすぐ目に入った光景です。

この手のイベントは初めてですので、ドキドキでした[るんるん]


A-IMG_0618.jpg

階段を下りてすぐに展示されていた、マクロスFのシェリルとランカの1/1フィギュア。

発売予定だとか。

実寸ですので、流石に大きいです。


A-IMG_0626.jpg

バンダイのコーナーに移動。

色々と新作なども展示されていますが、ガンダムベース東京とかぶりますので割愛。

今回の目玉であった、Figure-RiseLABOの新作で、初音ミクです。

12月発売予定の¥6,000だとか。


A-IMG_0628.jpg

回転する展示ベースとコンサート会場イメージの展示スペースです。

A-IMG_0629(1).jpg

目玉技術はこちらの通り。

グラデーションや質感の追求を行っているとのことで、素組みで展示のような状態ということのようですので、その技術力はもはや異常です[ぴかぴか(新しい)]


A-IMG_0633(1).jpg

ここからディーラーさんのブースに移動し、ぐるぐると見て回りました。

ガンダムXのベルティゴ(たぶん1/100)など、ガレージキットならではのキットが並ぶ様は圧巻です。

すでに2日目の午後でしたので、残念ながら売り切れも多く、買いそびれてしまったなぁ、というキットもありました。

次回、こういったイベントは早めで行かなければならない、という教訓を得ました。


A-IMG_0637(1).jpg

A-IMG_0639(1).jpg

A-IMG_0640.jpg

このあたりは露出度高めのキットばかりですが、造形は素晴らしいですね。


A-IMG_0641(1).jpg

このあたりのキットを買おうかどうか迷ったのですが、予算オーバーで断念。

もう少し手持ちの現金を持ってくるんだった、とここでも教訓を得ました[あせあせ(飛び散る汗)]


A-IMG_0647(1).jpg

ガンダムOOのフェイト、オルフェンズからアトラ。

こういったキットがこの価格で買えてしまうということに購買欲を刺激されてしまいますが・・・他に欲しいものがあったので我慢。

ネットオークションではこういったキットの1.5倍~2倍で出品されていますので、色々考えさせられます。

イベント会場に来ることができない人も沢山いますので、需要はあるのですが、割り切れないものを感じますね。


A-IMG_0648.jpg

アレンジの聞いたガンダムSEEDのラクスです。

かなりカワイイ感じです。


まだ写真もあるので、記事を分けたいと思います。







nice!(28)  コメント(0) 

ガンダムベース東京2019/7/31 その2 [イベント]

昨日の続きです。

7月31日のガンダムベース東京のご紹介です。


IMG_0460.jpg

発売されて間もない、ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティのMGです。

IMG_0463.jpg

ランナー状態の展示もありましたが、贅沢なパーツ成型ですね・・・

青色のブレードアンテナ再現のために、1ランナーほぼダブらせているのでしょうか?

MGが1万超えするわけですね。

IMG_0494(1).jpg

箱の大きさはメガサイズモデルのガンダムとほぼ同じくらいだと思います。

持ち帰りは電車だと少し厳しいそうですが、PGとかを手で落ち帰っている海外の方もいらっしゃいますので、周辺住民の理解も進んでいるのかもしれません。


IMG_0462.jpg

個人的に買おうと思っているのは、このグフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.)。

カラーリングとシールの違いかもしれませんが、なかなか渋いアイテムです。

2019/8/6発売とのことですので、もう間もなくの発売です。


IMG_0466.jpg

IMG_0468.jpg

意外すぎる新作はGガンダムからデスアーミー。

展示されている5機は同じ機体でしたが、きっとバリエーション展開してくれるんだと思います。

前のマグアナックやリーオーがよほど好調だったのかもしれませんね。


IMG_0467.jpg

MGから、オルフェンズのバルバトスが遂に発売です。

ノーマルの1/100もMGクラスだったように思いますが、更に突き詰めている感じです。

IMG_0469.jpg

上からも。


IMG_0502(1).jpg

IMG_0503(1).jpg

あまり守備範囲ではありませんが、並んで展示されていたこちらもご紹介です。


IMG_0497(1).jpg

水曜日でしたので、こちらの中継も行われておりました。


IMG_0498(1).jpg

ガンダムベース東京のはずですが、30MMのこのシリーズもなぜか大量に販売されていました。

ガンプラ改造に使えますが、やや節操がないような気がしないでも無いと思いますが・・・

知らない人だと、ガンダムだと思って間違って買ってしまいます。

外国の方も多いので、如何なものかと思いますが。


IMG_0501(1).jpg

ちなみに、ホシノフミナは完売でした。

流石に、ですね。


IMG_0505(1).jpg

IMG_0506(1).jpgIMG_0508(1).jpg

写真だけですが、夏祭りをイメージしたこんな展示もありました。

じっくり見ると、かなり細部まで作り込まれています。


もう一つ、入ってすぐのあたりの展示ですが、夏をイメージしたガンプラというテーマで、沢山の展示がされています。

IMG_0510(1).jpg

IMG_0511(1).jpg

IMG_0512.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0514(1).jpg


以上、久々に立ち寄ってみましたが、新しいシリーズの展開に伴い、ガンダムベース東京でもかなり新シリーズに力を入れている感じでした。

しばらくは、時々見に行ってみようかな、と思います。


また面白いものが展示されていましたら、レポートしてみたいと思います。

でも、最近のガンダムベース東京キットは、クリア版などばかりで購買意欲が湧かないのですけどね・・・[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(36)  コメント(0) 

ガンダムベース東京2019/7/31 その1 [イベント]

今回はガンダムベース東京の展示のご紹介です。


見に行ったのは2019/7/31。

7/31の14時に今後のガンダムに関する新メディア情報の解禁となる日でした。

仕事ですので、14時の発表をリアルタイムで見ることはできませんので、とりあえず何かあるだろうと仕事帰りにダイバーシティへ行ってみました。

IMG_0479(1).jpg

こちらの情報は前にも出ていましたが、「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」関連の展示がたくさんありました[exclamation]


IMG_0481(1).jpg

新メディア展開、とはYoutube上のネット配信ということのようですね。

ユニコーンの頃から、新しいメディア展開に積極的ですので、今回もこの方式の先陣を切っていくのかもしれません。

IMG_0480(1).jpg

ビルドダイバーズRe:RISEの説明はこちらの写真で。

今回、画像は全て大きめにしていますので、クリックで細かい部分も見えるんじゃないでしょうか。


IMG_0473(1).jpg

メインのギミックはこちらのようですね。

IMG_0475(1).jpg

アップです。


IMG_0476(1).jpg

主人公側の機体のようです。

ん??ガンダムばっかりでしょうか?


IMG_0478(1).jpg

コアガンダム、というガンダムが入っている、という構成のようですね。

コアガンダム・・・微妙なデザインのような・・・なんだか脚が短いのはちょっと。。。


IMG_0482(1).jpg

展示が多いので列挙します。


IMG_0483(1).jpg

ずらっとショーケースが並んでいました。


それぞれのケース内を気になった箇所をアップしつつご紹介。


IMG_0485(1).jpg

ガンダムジャスティスナイト、というストレートなネーミング。

金色とか銀色で塗ってみたいです。


IMG_0486(1).jpg

デスアーミーが早速バリエーションです!

ν-ジオンガンダム??


IMG_0487 (1)-1.JPG

個人的にはこのガンダムゼルトザームがカッコイイかな。

ガンダムXのガンダムヴァサーゴみたいな感じですね。


IMG_0487 (1)-2.JPG


IMG_0488(1).jpg

まだまだあります。

ハロって売れてるんでしょうか。

こちらもバリエーション展開が盛んです。


IMG_0489(1).jpg

まだハロとプチッガイ!

中央には・・・・


IMG_0491(1).jpg

ビルドガンマガンダム、ということでガンマガンダム=リックディアスアスベースの機体ですね。


IMG_0493(1).jpg

ガンダムベース東京に入ってこのようにずらっとビルドダイバーズRe:RISEの展示です。


他にも見てきましたので、続きはまた明日以降にアップしたいと思います。

Re:RISEどうなんでしょうかね。

ガンダム好きとしては、まずは見ますが、キット展開が激しくなりそうですね~




nice!(16)  コメント(0) 

ガンダムベース東京2019/5/某日 [イベント]

しばらく更新が止まってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]


前回記事での通り、仕事上の都合から引っ越して関東に住むことになってしまいました。

そういった環境の変化が落ち着かず、とても模型作りを行える状況ではなくなってしまいました・・・

それは、例えば机が無い、塗装ブースが無い、とかそういったことも含めて、です。


とはいえ、せっかくのブログを開設していますので、更新を再開したいと思います。


今回はまだ模型作りの基盤が十分ではないことと、まだ模型作りの環境構築中であることから、製作記事になりませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

それでも、原則として模型に関連した記事しか載せない、というポリシーで今でやってきましたので、今後もあくまで模型関連です!という自分の中の縛りで続けていきたいと思います。

何が模型関連か、は人それぞれかもしれませんが。


IMG_0217.JPEG

ガンダムベース東京に行きました。

といっても、住環境がこの近所(とまでは言いませんが・・・)になったので、立ち寄ってきました。

とりあえずご本尊を参拝。

19時のショーを見てから、ダイバーシティの7Fに行きます。


IMG_0218.JPEG

特にイベント日ではなく、平日の夕方(夜?)に行っただけですが、入ったところに今ならこれらが展示されています。

マグアナックのセット、ガナーザクウォーリア(ルナ・マリア・ホーク専用)、そしてHGUCでペーネロペーです。

人によって注目するものは色々でしょうが、私の趣味でペーネロペーをじっくり観察してきました。

念のためですが、マグアナック=1/144、ザクウォーリア=1/100、ペーネロペー=1/144ですので、ペーネロペーの大きさがかなり大きめであることが分かりますでしょうか。


IMG_0220.JPEG

背後にある”閃光のハサウェイ”、そしてΞガンダムより先にペーネロペーの展示という、意外な(シュールな)状況です。

念のためですが、主人公機=Ξガンダム(クスィーガンダム)、ライバル機(ガンダムで言うシャアザク)=ペーネロペー、といったところです。


IMG_0221.JPEG

少し斜めってしまったのがお恥ずかしい・・・正面のつもりです。

奇怪な形状且つ、どこがどうなっているのかが分からないレベルで複雑です。


IMG_0222.JPEG

頭部の上にある独特な形状の飛行ユニットが良く見えるかと思います。


IMG_0223.JPEG

もう少し横から。


IMG_0224.JPEG

更に真上から。

この角度の写真って、あまり見かけないですが、流石に展示物をこの角度で撮影することは、人目が多いとなかなか勇気いるでしょうね。

この時は、平日の夜だったので、ほとんど人がいなくて、撮影し放題でした~

しかし・・・前後の長さが異常です。

飾る場所を考えなければならないレベルですよね。


IMG_0225.JPEG

右側面はザクウォーリアが居るので、こんな感じになってしまいました。

ついでにザクウォーリアも。


IMG_0226.JPEG

良い感じのあおりポーズです。


IMG_0227.JPEG

上半身をアップで。

サーフェイサー色単色のため、何が何やら・・・


一体この複雑な機体と巨大さは幾らになるのでしょうか。

サイズ(体積)から類推するに、¥6,000くらいで勘弁してもらいたいところです。

ガンダムNT A型装備と同程度の箱だと良いのですけどね。


IMG_0228.JPEG

すぐ横には、こんなシュールなものも。

球団毎のガンダムですね。


IMG_0233.JPEG

最後にカッコ良かったので、撮影してきました。

今後発売される、νガンダムとそのオプションパーツです。


といったところで、今回はガンダムベース東京(GBT)のレビューのような内容になってしまいましたが、ペーネロペーをじっくりと観察してきたので記事にしてみました。

今後もGBTに立ち寄った際には、面白いものがあったら観察してきたいと思います。


また、GBTの塗装ブースもスタッフの方に丁寧にご説明いただき、見学もさせて頂きました。

とても良い環境で、立ち寄った時にも塗装されている方が2名(しかも女性2名)いらっしゃいました。

WAVEのL5常設とのことで、ここで塗装できそうです。





nice!(37)  コメント(0) 

ガンプラ組立体験教室 in ガンダムベース東京(2018年) [イベント]

久しぶりのブログ更新になります。

この一週間は家族旅行で、夏休みを過ごしていました。

主に東京ディズニーランド・シーを行ったり来たりして過ごす日々でした。

風があって多少はましでしたが、それでも30度は超えている日中の日差しは体力を奪われます。

ちなみに、このTDRでもモデラー目線で少し気になるアイテムがありましたので、いずれ記事にしようかと思います。


TDRの日々を終え、関西に帰る途中に立ち寄りやすいので、ダイバーシティに寄り道してきました。

DSC02157.JPG

1年前に訪れたときには、まだ建造中だったユニコーンガンダムも立っていましたので、当然のごとく観光してきますが、お目当ては7Fのガンダムベース東京(GBT)ですね[るんるん]


7FでGBT限定商品を購入しつつ、”ガンプラ組立体験教室”というイベントをやっていることに気づきました。

事前にサイトなどをしっかり見れば書いてあったのですが、TDRのこととGBTで購入するプラモデルのことしか頭になかったので・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


参加費¥500で体験教室限定ガンプラ(初代ガンダム)を組み立てる、というものでした。

家族3人で体験教室に参加で、3つのキットを入手しました。

DSC02172.JPG

一応ダメもとで聞くと、このキットはこの教室参加が必須で、ここのニッパーを入れなければ持ち帰ってはいけない、ということでした。

という説明をしてくれたのが、マイスター香坂さんであったことに後で気づきました。

きれいな店員さんだと思っていたら・・・香坂さんでした。


ニッパーを入れる=組み立てる、ですが、その前にランナー状態を教室で撮影しておきました。

DSC02153.JPG

ランナー2枚の5色整形。

以外に力が入っています。

過去のこういった体験教室イベントのキットが少しずつ、改良されているかのようです。

DSC02176.JPG

説明書は裏表だけの4ページ。

ホイールシールで目と腰部のV字が色分けです。

DSC02179.JPG

DSC02180.JPG

キットの他には、このガンダムオンラインのコードとラバーストラップ、ユニコーンガンダム頭部のラメ版も頂けるという内容で¥500はTDR帰りの私にはとても良心的な価格に感じられました。

(TDRにいると金銭感覚がマヒするような・・・)


肝心のキットは、子供が組みたてた1体だけです[あせあせ(飛び散る汗)]

妻は上半身で断念、私は子供の組み立てを一緒にしたので1体分は手つかずですが、香坂さんにニッパーをいれないで持ち帰ってはだめです、と言われ、何度かお声掛け(監視)頂いていたので、とりあえず新品ランナーが無いように、2キットのランナーを交互に切り出して1体を組み立てておきました。

転売禁止のため、とのことでしたが、Amazonで見ると転売している人がいますね・・・


DSC02168.JPG

写真は持ち帰ったものを自宅で撮影しています。

非常にシンプルなキットで、Ver30thのものを簡略したような構成ですが、なんとこの教室専用の新規キットで非売品です。


DSC02169.JPG

可動などはそれなり・・・というレベルで、FGガンダムよりは動くし色分けされているものの、HGと比べるとほとんど動かないというキットです。

ただし、関節はそれぞれニ重になるような構成ですので、キチンと手を入れると化けるでしょうね。


DSC02170.JPG

また、ランナーからの切り離しもニッパーを貸してもらえますが、手モギの可能なお子様向け設計で、非常にシンプルながらよく考えられたキットです。

ゲート後もほとんど目立たないように計算されていますし、合わせ目も単なるモナカ構成にならないように分割線が処理されています。


DSC02171.JPG

ただ、写真のビームライフルのように、肉抜きされている箇所があるのはご愛敬。

全体として、顔も細かくパーツ分けされているので、色を塗ってあげると見違えるのではないかと思います。


大人げないですが、いずれ塗装してみようと思います。


この組立教室は2018/9/2までだということですし、過去と違って大人だけでも参加可能なので、ガンプラ好きな方にはお勧めです。

8/25の土曜日に参加しましたが、お昼前までは少なくとも空いていました。




nice!(30)  コメント(0) 

ガンダムワールド 2018 in 高岡 [イベント]

GW後半のお出かけついでに、富山県で行われている「ガンダムワールド 2018 in 高岡」に行ってきました。

DSC00780-triming.JPG

期間はGW期間中だけ、ということで短めですね。

本日は2018年5月6日ですので、今日までの開催です。

私は昨日5月5日に行ってきました。

(ということもあって、模型作りができていませんが[あせあせ(飛び散る汗)]


入場料は大人で1200円とそれなりにしますが、せっかく近くまできたので寄り道がてら行ってきました。

パンフレットやインターネットでも情報が有る通り、立体物の展示もありました。

DSC00703-triming.JPG

入ってすぐにあるのが、こちらの1/1サイズのガンダム頭部の被弾Verです。

過去のイベントでも展示されていたものだと思います。

モデラーとしては周囲をぐるっと見て回れますので、観察、観察・・・


DSC00711-triming.JPG

すぐ隣のブースに移動すると、今度はシャア専用ザクの1/1頭部です。

モノアイが動いて発光していました。

周囲にはガンダムシリーズを紹介する各種パネル展示もあります。


DSC00716-triming.JPG

次に目に留まるのはこちらのORIGIN版のガンダムです。

サイズは1/10ということで大人くらいの大きさがあります。

プロポーションも良く写真を何枚も撮ってしまいました。

以前のHY2Mシリーズのように発売して欲しいくらいです。


ガンダムの背中の壁向こうには、写真撮影スポットとしてデギン・ザビ公王の椅子です。

DSC00744-triming.JPG

家族連れなどはここで撮影されていましたので、人がいなくなるのを待って撮影。

座ってみればよかった、と後で思いました[あせあせ(飛び散る汗)]


この椅子のすぐ横は、大きなスクリーンにガンダムシリーズの色々な映像が流れており、立ち寄ったタイミングでは「ガンダムビルドダイバーズ」のネット配信されていたものが上映されていました。

DSC00726-triming.JPG

スクリーン下には、1/10のユニコーンとバンシィが[exclamation×2]

2体ともカッコイイです!

さすがに大ヒットしたユニコーンだけあって、扱いが違いますね。

今年の11月上映予定の新作ガンダムのガンダムNTの予告映像も場内では流されていました。


DSC00723-triming.JPG

模型視点では、このような展示も。

ORIGINのザクなどのジオンMSがずらりと勢ぞろい。

黒い三連星ザクも全て並んでいる様は、なかなか見応えがあります。

個人でここまで作り揃えるのは大変だと思いますが、並べてみたくなりました。


DSC00738-triming.JPG

SDガンダムシリーズの展示コーナーもありました。

そのSDガンダムシリーズの出自紹介として、模型情報誌の1981年版、1982年版も展示されていましたが、この2点は特にレアだと思います。

1983年のものは持っていますが、それより古いこの2点は持っていませんので。是非再販して欲しいところです。


DSC00750-triming.JPG

プラモデルの歴史、といった感じでガンプラの展示も初代ガンダムから順にありました。

その中で、特に気になったのがこちらのいろプラガンダムです。

当時、持っていて作ってもみましたが、今ではどこにいったのやら・・・


場内にはお土産コーナーが最後に控えており、当然のごとくイベント限定プラモデルもありました。


にも少し紹介されていますが、ほとんどがクリア版、色替え版でした。

DSC00776-triming.JPG

展示されていたサンプルですが、私の入ってきた5月5日は開催期間の最後の方であったこともあり、一部商品はすでに完売でした。

お手頃価格のクリア版のストライクフリーダムガンダムあたりでも買おうおかな、くらいに考えていましたが同じことを考える人が多かったようですね[たらーっ(汗)]


たぶん、一押しはORIGIN版ガンダムのMGの全身クリア版でしょうが、こちらは見送りました。

4900円という比較的高価なキットであることと、こういったクリア版は結局あまり作り気になれなかったりしますし、おそらく買っても作りそうに無いので[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC00770-triming.JPG

大量販売されていました。

それでもせっかく行ったので、何か記念に買おうと迷いに迷った挙句、最終的に選んだのはこのキットです。


DSC00781.JPG

アストレイのブルーとレッドのメッキ版。

アストレイブルーは依然にプレバン版もありますが、メッキ版ということでカラーパッケージです。

普通なら、あまりメッキ版は買わない主義なのですが、アストレイだけはフレームの色違いがキャラクターの個性になっていますので、メッキ版も映えるかな、と思って購入しました。


以上、開催期間が本日までの「ガンダムワールド 2018 in 高岡」でした。

あ・・・GWがもう終わってしまいます[たらーっ(汗)]







nice!(19)  コメント(0) 

パトレイバー デッキアップ [イベント]

唐突ですが、THE NEXT GENERATION パトレイバーのデッキアップイベントに行ってきました。

と言っても、イベント自体は少し前になりますが、記事更新の都合から今更のアップです。

DSC096120001.JPG

モデラーとしては、1/1のTNG版イングラムが見ることができる機会を逸するわけにはいきません!

当日は実は台風の日だったので、出掛けることが危ぶまれましたが無理をしてでも、と出かけました。

DSC095520001.JPG

イングラムが横たわる車両にもちゃんと「警視庁」の文字が。

イングラムの頭部~首周りをじっくり観察してきました。

このイングラムのキットはバンダイから1/48で出ていますが、首周りのカバーが設定(や1/1のイングラム)では、白いバーで囲いがあって、グレーの帆のようなものがある、というように見えますが、キットでは一体成型のため、今ひとつ面構成が分かりませんでした。

この写真の通り、現物を見るとよく分かります。

これを踏まえて、いつかちゃんとしたTNG版イングラムを作る、かな?

DSC095630001.JPG

そして時間になって、音楽とともにデッキアップ。

全国各地でやっているようなので、見たこと有る方も多いのかもしれませんね。

運搬時は道交法の都合から、両肩は外すそうです。

DSC095730001.JPG

約10mの全高で、横たわっていると大きな車両、という印象ですがデッキアップされると流石に大きい。

雨の中に立つイングラム、は劇中のようでなかなか味わいのある情景でした。


DSC095790001.JPG

モデラーとしては背面や汚れ具合が気になって仕方がありません。

観察、観察。

ついでにデッキアップする車両やシャフト周りなど、周辺環境もじっくり見学してきました。


と、こうして台風の中、イベントでやってきたTNG版イングラムのデッキアップイベントを見てくることができました。

TNG版イングラムはブログ開設以前に部分塗装とスミ入れで作ったものがありました。

バンダイの1/48です。

MGでアニメ版イングラムが有る中、TNG版が1/48というのは微妙だと思いましたが、お手軽サイズでこれはこれで有り、という感じです。

IMG_3124.JPG

こちらです。

全身それなりに塗装していますので、完全塗装ではないものの成型色の良さも相まって十分な完成度です。

改めて見ると良い感じです。

IMG_3126.JPG

1/1イングラムはかなり汚れが入っていますが、いずれ汚れを再現してみるのも良いかも。

ディティールは1/1イングラムをかなり忠実に再現しています。

むしろ、1/1イングラムが大きさの割にはあっさりしている感もありますが。

IMG_3127.JPG

全体が白のため、スミ入れをしてあげるだけでかなり印象が変わるはず。

モールドも細かいので、とてもスミ入れ効果が高いと思います。

IMG_3128.JPG

胸の紋章はメッキパーツですので、とてもキレイです。

ただ繊細なパーツが多く、エナメルのスミ入れは気を付けないといけません。

実際、指のスミ入れ時に、指パーツが割れてしまいました・・・

基本ではありますが、要注意です。

最後にフィギュアもなんとか写真に撮りました。

IMG_3136.JPG

泉野明役の真野恵里菜さんのフィギュア、ということになります。

真野恵里菜さんを意識してみますが、1/48という大きさでは可愛く塗る、ということが困難。

できるだけはやりましたが、この塗りも含めていずれもう1キット使ってリベンジしたいキットです。

できれば1/35のMGまたはPGサイズで出してほしいです。




nice!(1)  コメント(0) 

ガンダムベース東京 その2 [イベント]

ダイバーシティでは1/1ユニコーンガンダムも建造中でした。

ちなみに、私が見に行ったのは8/24のお昼頃でしたが、この通りです。

DSC09462.JPG

建造中、な感じです。

以前のガンダムの時もそうでしたが、建造中も様になりますよね。

DSC09448 - コピー.JPG

後ろから。

このショットですと、足首がまだ無い以外はほぼできているように見えます。


DSC09461.JPG

正面の全身です。

見ての通り、フェイスパーツはまだ入っていませんし、ツノは割れそうな感じですがユニコーンモードにも関わらず、全身のサイコフレームは見えています。

ニュースサイトなどでもありますが、サイコフレームは光り、変身するそうです。

確かに変身箇所にアクチュエーターのような部品が多数見受けられました。


DSC09462.JPG

最後に、右ひざの膝当てカバーをクレーンで取り付けしているところを撮影してきました。

全身がほぼ見えたことで、スケール感も伝わってきます。

きっとガンダムベースのみならず、この1/1ユニコーンのキットが多数発売されるのでしょうね。

9/24公開が待ち遠しいですが、遠方なのでまたの機会に完全体を見学しにいこうと思います。


ダイバーシティでは、8/21から「TOKYO ガンダムプロジェクト2017」ということでイベントを色々やっていました。

その中の一つでスタンプラリーをダイバーシティ内で実施していました。

普段、こういったものはスルーするのであまり何をもらえるのかも気にせずに歩いていましたが、良く見ると特製ピンバッジが貰える、とあります。

ちょうど7Fの交換所の設営をしているところでしたので、ちらっと見ると結構しっかりしたピンバッジだったこともあり、年甲斐もなく、家族でスタンプラリーをするためにダイバーシティ内の4か所を巡ってきました(というほど距離は無いですけど)。

IMG_2608.JPG

その成果がこれです。

記念に持って帰りました。


このスタンプを7Fのガンダムベース東京のあるフロアの交換所に持っていくと・・・・

IMG_2609.JPG

このピンバッジとポストカード1枚をいただけました!

8/21から開始しているこのイベントは数量限定とのことで、無くなり次第終了だそうです。

ちなみに期間中はおひとり様1度だけ、という縛りがありますので、1日に複数回リピートできないように左手にハンコを押されて、入手済みか否かを判定されます。


8/24の時点ではまだありましたし、平日だったので親子連れなどがパラパラと参加している程度でしたが、立ち寄った際は入手すべしですね。

IMG_2611.JPG

バッジのアップです。

ユニコーンガンダムと2017のロゴが入って、良い記念になりました。






nice!(3)  コメント(0) 

ガンダムベース東京 その1 [イベント]

またもやブログの更新が空いてしまいました。

以前の更新からの間で家族旅行などをしていましたので、模型作製をする時間もなく、更新する内容もほとんどありませんでした。

地味にナデシコのエステバリスをヤスリがけしていたりはしましたが。


旅行の途中、時間が取れましたので今年の8/19オープンのガンダムベース東京にも行ってきました!

以前のガンダムフロントの時にも何度か限定品を買いに行くことがありましたが、今回も限定品目当てで初めて訪れました。

事前に色々な方のブログなどで情報収集はしていましたが、過去のガンダムシリーズプラモが再生産されて、大量展示・販売されていることが売りとのことです。

確かに、初代の1/60ガンダムが山のように積んであったりする状態は、通常店舗では有り得ないと思います。

限定品は沢山ありますが、残念ながら新規造形のキットはほとんどありません。

クリアー版、グロスインジェクション版、といった整形色変更版がほとんどです。

結局塗装してしまうので、あまりそういった整形色変更キットは買わないようにしていることと、もし全ての限定品を購入するとトンデモ無い金額になってしまいます。


といった視点で


のキットから厳選して購入したのは、4種類。

IMG_2600.JPG

HGUCガンダムのメタリックグロスインジェクション版、すーぱーふみなのガンダムベースカラー版、プチッガイゴールドトップ&プラカード、プチッガイシルバースパークル&プラカード、です。

会場には、プレバンやイベント限定品の販売もあったのですが、それらはおなじみの2色刷りパッケージに対し、ガンダムベース限定となっているキットはフルカラーパッケージでした。


なお、今回購入した4種類しか比較できていませんが、新規パーツがあるすーぱーふみなだけは扱いが良いようです。

新規パーツ、といえばガンダムと(買いませんでしたが)バルバトスも専用ベースパーツが新規パーツですね。


まず、ガンダムの中身ですが次の通りです。

IMG_2602.JPG

写真は反射で見ずらいですが、大きな青いパーツが専用ベースで新規パーツです。

しかし説明書は既存のものがそのままで、モノクロの追加説明書が1枚あるのみ。

写真の都合でカットしましたが、プチッガイも同様です。

(メッキがキレイで映り込みがとても凄く、色々と映り過ぎてしまったので・・・・)


次にすーぱーふみなですが、まずは新規パーツ。

IMG_2606.JPG

中央の野球帽のような帽子が完全新規パーツです。

ガンダムやバルバトスとの最大の差は、この新規パーツによってシルエットが異なる別製品になることですね。

そのためか、ふみな人気のためかは分かりませんが、説明書はフルカラーです!

IMG_2607.JPG

写真では説明書の裏と表だけですが、この通り。

中身も通常のHGUC基準のカラーによる組み立て説明がありました。

他とは扱いが明らかに違いますね。


記事を分けて、ユニコーンガンダムの建造経過も投稿したいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
イベント ブログトップ