So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コンプレッサーL7とタミヤのHGエアブラシの接続 [工具]

先日届いた、クレオスのコンプレッサーL7とこれまで使っていたタミヤのHGエアブラシを接続し、エアーブラシ2本体制にしました。

まだ届いたばかりのL7プラチナセット同梱のエアーブラシは、使い慣れないため、慣れ親しんだHGエアーブラシでVF-1Jの翼の塗り直しをしようと思い、塗装準備を行いました。


コンプレッサーL7とHGエアーブラシを接続し、コンプレッサーの電源を入れると、HGエアーブラシから常時エアーが噴出しているようになり、おかしいな?と思いつつも試しにシンナーだけを入れてテストした範囲では、レバーを使ったときだけシンナーが出ているような気がしました


あとで気づきましたが、このテスト時は問題が無い気がしていただけで、やはり常時エアーが噴出している状態では、塗料を入れるとわずかながらも塗料も常時噴出してしまうことが分かりました。


HGエアーブラシは、よくバラして掃除していたので、組みつけが悪いのか?とも思い、2度ほど組み直しをしても症状は変わらずです。

コンプレッサーの圧が強すぎるのか?とも思いましたが、やはりHGエアーブラシではエアーが噴出し続けますが、付属のエアーブラシではそんなことはなく正常です。


この状態から、HGエアーブラシの説明書に何かヒントはないか?と改めて読んでみると・・・

DSC00208.JPG

今までずっとタミヤのスプレーワークだけを使ってきたために、気にしたこともなかった記述があります!

”スプレーワーク以外のエアー源使用の場合はエアージョイントをエアーバルブジョイントに交換します”

との記載があります。

・・・HGエアーブラシ購入以来20数年、このジョイントを交換することが無かったので、そういったオプションパーツが有ること自体、気づいてもいませんでした。

慌ててこのジョイントパーツをあちこち探してみたところ、なんと20年以上前に片付けていた部品でしたが、捨てずに工具類をしまった引き出しにビニール袋に仕分けて保管されていました。


DSC00206.JPG

本体にすでに接続されたパーツが、エアーバルブジョイントです。

なお、右の部品がタミヤのスプレーワーク使用時に使うジョイント(エアージョイント)で、今となっては不要パーツです!

無事交換に成功。

20数年前の不要部品を捨てずに保管していた自分にエライ!と褒めてあげたい気分です[るんるん]


早速コンプレッサーに接続して、エアーを排出したところ・・・想像通りエアーの常時噴出が収まりました!

更にHGエアーブラシとスプレーワークの時には、メインレバーを引くことで塗料が噴出するだけでしたが、このジョイントに交換したことで、メインレバーを押しこむことでエアー量の調整がキチンとできます!


ダブルアクションのエアーブラシだったはずなのに、メインレバーを上下させてもあまり違いが無かった気がしていましたが、これも気のせいで、全く違いが無かったのだと思います。

・・・これまで完全にエアーブラシの使い方を誤っていたのかもしれません。

しかしながら、タミヤのスプレーワークとHGエアーブラシの組み合わせでは、これまでの使い方は誤りでは無いのでなんとも言えないところですが[あせあせ(飛び散る汗)]


とにかく、これで晴れてエアーブラシ2本体制が完全なものとなりました。

さっそく、VF-1Jの塗料剥がれを起こした翼を塗り直しました。

DSC00209.JPG

スッキリ!

翼の縁にはっていた”NO STEP”のデカールはマスキングテープで保護することで、特に剥がれることも無く問題なく中央の塗料剥がれ部分だけをリカバリーできました。

ようやく、これで先に進めそうです。

明日からは、またVF-1Jなどの模型作製日記に戻ります。





nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Mr.リニアコンプレッサーL7/レギュレーター/プラチナセット [工具]

先週末にVF-1Jの塗装をしようとしたところ、24年ほど使っていたタミヤのコンプレッサーがうんともすんとも言わなくなってしました。

電源の入り切りをしても反応無し。。。


寿命と判断しますが、コンプレッサーが壊れてはエアブラシを使った塗装ができません。

これでは模型作りの手が止まってしまいます。


私にとってのコンプレッサーは高校生にとってのスマホ以上に必須アイテムです。

いずれ良い物を買おう、とここ数年色々な製品の比較検討はしていましたが、ここにきて、いきなり決断の時がやってまいりました[exclamation×2]

過去から、モデルグラフィックス誌やホビージャパン誌においても工具特集やエアブラシ特集といった記事で、エアブラシやコンプレッサーの比較が掲載されているので、それらを参考にしつつ、ネットでも調べてみます。


色々あるのですが、自分の中で要件定義をしました。

(1)既存のタミヤのエアブラシはまだ使えるので、これを有効活用できること

(2)4~5万以内の予算

(3)静音性が高いこと(50db程度)

(4)定格圧力が0.1MPa以上

(5)メンテナンス性が高い(パーツが入手しやすい)


ざっと比較すると、(4)の圧力については、普段は1/6~1/8のフィギュアや1/144~1/100サイズのガンプラ類を塗装する機会が多いので、0.1MPa以上あれば余裕のようです。

といいながらも、先日購入したMGのディープストライカーやHGUCのネオジオングといったデカブツの塗装も今後は行いたいので、それなりの圧力が欲しいと思っていました。


(5)のパーツが入手しやすい、という点を考慮すると近所の家電量販店でも扱っているクレオス製品がやはり最有力です。

他、Waveのコンプレッサーなども良いのですが、コストパフォーマンスが高く、Amazonでも値引きが大きなクレオス製品にすることにしました。


そうなるとL5かL7ですが、今回は上位機種であるL7、と少し贅沢をすることにしました。

といっても、今後20年とかの付き合いになることも考えられますので、コストパフォーマンスは高いのでは。

火曜日までの数日間、こういった色々な検討を繰り返し決定即発注です!

Amazonでポチッとしましたが、Prime会員ということもあり、即日で届きました。

DSC00185.JPG

箱に送付伝票が貼られ、この状態で届きます。

この箱だけでもう感動[グッド(上向き矢印)]

DSC00186.JPG

側面にはこのようにセット内容が記載されています。

購入した製品名は、「Mr.リニアコンプレッサーL7/レギュレーター/プラチナセット」です。

これはコンプレッサーだけでなく、0.3mmノズルのダブルアクションエアブラシやエアレギュレーター、ダストキャッチまで同梱のお得なセットです[るんるん]

DSC00190.JPG

開梱!

レギュレータに圧力計まで付いてます。

今までレギュレーターは使っていましたが、圧力計は持っていなかったので、より微調整ができるようになってありがたや。

DSC00192.JPG

主役のコンプレッサー。

思ったよりも重いです。

2.9kgとのことですが、あまり軽いとコンプレッサーの脈動でうるさいのかもしれません。


DSC00196.JPG

スタンドは組立て式なので、サクッと組み上げ、完成[exclamation]

さらに・・・

DSC00198.JPG

タミヤのエアブラシ(写真の奥のエアブラシです)も挿して、2本の同時接続を実現しました。

今まで、白を塗った後に赤や黒を塗ることがとてもとても面倒でしたが、これでギャップのある2色もほぼ同時にエアブラシを分けることで使用可能になりました。

また、メタリック系やコーティング系の塗料を使う場合にもいちいち洗浄しなければならない手間が省けることは非常に大きなメリットです。

ただ、2本とも0.3mmノズルなので、いずれは0.18mmノズルや0.5mmノズルのエアブラシも・・・と慾が出ます[あせあせ(飛び散る汗)]


最後に塗装ブース横の作業スペースに設置。

DSC00203.JPG

エアブラシのスタンドの位置や向きの都合でタミヤのエアブラシは手前の従来のスタンドの併用で、作業しやすい位置に設置できました。

コンプレッサーも音も試してみましたが、タミヤの壊れたコンプレッサーと大差なく、まずまずといったところです。


これで今後も模型作製が継続できそうです。

久々に高めの買い物をしましたが、長く付き合うものだけに大満足な買い物でした。




nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ